ゼオスキンヘルスケアのネット購入でひと皮むいて美肌を取り戻す

シミとくすみ

ゼオスキンヘルスはオバジのニューダームをリニューアルしたものです。

今まではクリニックに通院することが必要でしたがこのたびスマホの遠隔診療で処方してもらいネット購入できるようになりました。

ゼオスキンヘルスにチャレンジするなら秋から夏が来る前がベスト。

特にセラピューティクプログラムは夏の間はおすすめできません。

夏になると紫外線が強烈になり汗をかくので、ハイドロキノンとトレチノインでデリケートになってる肌には不向き。

汗せっかく肌に塗ったクリームが汗で薄められたり流れてしまい効果が低下するといわれます。

それでも実行したいなら、しばらくの間なるべく炎天下の外出を控えたり涼しいところで過ごすようにしましょう。

ゼオスキンヘルスケアのネット診療も夏の暑い間はお休みのようです。

オバジ ゼオスキンヘルスケアとは

ゼオスキンヘルスはアメリカのビバリーヒルズで有名なゼイン・オバジさんが開発したスキンケアプログラムで世界中の医療機関で採用されてる本格的な高機能化粧品として有名です。

ハイドロキノンとレチノールを中心のケアを日本人の肌質に合わせた正規のゼオスキンヘルスです。

本来ならクリニックや皮膚科へ直接出向いて診察やカウンセリングのあとに処方してもらう化粧品です。

このたびスマホやパソコンなどのネットによるLINE通話やビデオ通話を使って正規販売クリニックで診察してもらいネット購入できるようになりました。

自宅にいながら医療レベルのスキンケアができますよ。

 


スポンサードリンク



 

オバジ ゼオスキンヘルスのネット購入でセルフケア

ゼオスキンヘルスはもともと医師の指導を受けながら自宅でケアして美肌を目指すシステムで、一般にドラッグストアや薬局などで販売されているオバジシリーズとは全く違うものです。

50代後半になっても美肌で有名な元アイドル歌手やハリウッドセレブがひそかにやってるとウワサのスキンケアプログラム。

医師の診察や処方箋が必要なので今までは扱ってる正規販売クリニックが近くにない場合はチャレンジできず残念な思いをしていました。

 

このたび、正規販売クリニックでゼオスキンヘルスがネットで通販できるようになりました。

正規販売クリニックで遠隔診療ができます

スマホのアプリなどを使いネットでのビデオ通話を利用したカウンセリングや診察をして処方してもらえるんです。

ゼオスキンケアヘルスの化粧品は宅配便で届きます。

正規販売クリニックで年齢肌やダメージを受けた肌のいろんな悩みやトラブルに対応し美肌に導くように処方してもらえます。もちろんアフターサービスも万全。

ゼオスキンヘルスケアはハイドロキノンとレチノールを高濃度配合してるので皮むけや赤みは覚悟しておきましょう。

 

でもひと皮むけた後の肌にびっくりするでしょう。

使った人の口コミを見ると「気になっていたシミがかさぶたになってはがれた」「毛穴が目立たなくなった」「キメが細かくなった」などがあります。

これまでいろんなメーカーを使ってきて満足できなかったらオバジ ゼオスキンヘルスにチャレンジしてみる時期かもしれませんね。

通常のスキンケアと違って有効成分が高濃度ではいってるため変化をはっきり実感できますよ。

ゼオスキンヘルスケアの遠隔診療についてのお問い合わせは無料です

 


スポンサードリンク



 

ゼオスキンヘルスの副作用ってどんなこと?

ゼオスキンヘルスケアのプログラムの内容によっては、いつもは起こらない肌の反応が起きることがあります。これってもしかして副作用?って驚くかもしれませんね。

でもゼオスキンの場合、普通の化粧品だったら副作用、と思われることでも副作用でなく起こるべき反応(リアクション)である場合がほとんどなんです。

ここではゼオスキンヘルスケアの副作用と起こるべき反応の違いについて悦明しておきます。

ゼオスキンヘルスケアの赤みは副作用?

赤みやガサガサ、皮剥け。これはリアクションや反応と言われます。

ゼオスキンでケアをスタートする場合はあらかじめドクターから赤みが起こる可能性を説明されます。他にもニキビ、肌あれなどの反応が起こることもあります。

オンライン診療の時に反応やダウンタイムのことを説明されてるので実際に驚く人は少ないそうです。

逆にリアクションが起こらなかったから効果が出てない?と驚く人がいるほど。

この場合も効果がないというよりは肌質の違いですべての人にリアクションが起こる、ということではありません。

 

でも赤みがある湿疹や強いかゆみなどが長引く場合はハイドロキノンが合わない肌質かもしれません。稀に合わないとリアクションとは違う反応が起こることがあります。

 

その場合はすぐに処方してもらった医師に連絡しましょう。

副作用ではないリアクションや反応

ゼオスキンヘルスを使って起こる反応にも下のように個人差や違いがあります。

主なリアクションや反応
・赤み
・皮むけ
・乾燥
・ガサガサ
・刺激
・ニキビ

など様々です。

このような症状が起こる期間を【反応期】といいます。この時期が続く期間も人それぞれですが平均してスタートから4週間前後。

ゼオスキンヘルスケアプログラムの中で一番大変な時期です。これを乗り越えるときれいな皮膚に移行する期間になります。

でも平均的な時期が過ぎたのにまだ反応が続いてると不安になってきますよね。

ゼオスキンヘルスケアプログラムの遠隔診療は途中経過の診察や相談もできます。

途中で不安を感じた場合はドクターに相談しましょう。

遠方でゼオスキンヘルスケアをネット通販で購入した場合もスマホアプリなどのビデオアプリで画面を通して症状を見ながら相談できます。

仕事や都合によって赤みや皮剥けなどの反応を最小限に抑えたい・・・・という場合もちゃんと相談にのってもらえるなどアフターケアも充実しているシステムですから何でも相談しましょう。

 

ゼオスキンヘルスケアでリアクションが起こる人もいれば起こらない人もいるように、実感できるまでの期間にも個人差があるものです。でも思ったように進まない時期が続くと不安になることもあるでしょう。

 

そんなときにも自己判断せずにすぐにドクターに相談することができます。

 

オバジ ゼオスキンヘルスはニューダームをリニューアル版。美肌で有名な50代の歌姫や色白で有名な女優さんもアメリカで受けたことがあるとウワサされているケアです。多くの医療機関で医師のアドバイスの元に進めていけます。

近くにオバジ ゼオスキンヘルスケアと提携してる医療機関があったらよいですが、ないときはどうしたらいいの?ということに向き合ってくれるのが福井県にある「メディカルビューテイセンター」です。

美容クリニックとしてたくさんのケアや施術をしている医療機関です。

メデイカルビューティセンターのドクターがスマホアプリなどのビデオ通話で診察やカウンセリングをしてくれるので遠方でも安心です。

 

ゼオスキンヘルスケアの経過で起こる変化とは

使い始めて約4~6週間の間にほとんどの人が肌の皮剥けや赤みを体験するでしょう。そのためゼオスキンヘルスケアは危険とか副作用が起きる、と言われることもあります。

でもこの反応は一時的で正しい使い方をしてると古い皮膚がむけた後に美肌が待っています。

どんな反応が出るかというと

・肌が乾く
・敏感になる
・角質が剥がれる
・ピリピリする
・ニキビがひどくなる
・赤くなる
・かゆくなる

などで、この時期を反応期と言います。

いろんな反応が起こってる反応期を過ぎると皮膚の下で新しい皮膚の再生がスタート。

この時期を耐久期といい約4~6週間かけて肌の再生が行われます。

耐久期を過ぎるとおよそ4~6週間で美肌が出来上がります。これが完成期。

ゼオスキンヘルス 1ヶ月の経過

ゼオスキンヘルスをスタートしてから約1か月前後は反応期です。この時期は約4~6週間ですが個人差があります。

反応期には皮剥けや赤みが起こることが多く、つらい時期だと言われます。赤みやかゆみが出たりボロボロと古い角質が剥がれ剥けるので、痛みや皮膚が熱いと感じることもあります。

ボロボロの皮膚を見られたら周りからどう思われるか気になるでしょう。また、気になってた悩みが一時的に目立ってきた、と感じる場合もあります。

でもここが頑張り時で、乗り越えるとだんだんと新しい皮膚の再生がはじまります。

 

ゼオスキンヘルス 2か月の経過

反応期を過ぎると耐久期に入ります。この時期は約4~6週間ですが個人差があります。2か月目に入ると新しい皮膚の再生がスタートします。

反応が落ち着いてきて、お手入れするのが楽しくなってくるでしょう。早い人なら皮膚がキレイになってきて「もうこれでゼオスキンヘルスケアでお手入れするのはやめた方がいいかな~」と思うかもしれませんね。

だってゼオスキンヘルスは他のスキンケアよりも高いですから。

でもここでやめたらもったいない。プログラムはまだ終わりではないので継続を心がけましょう。

 

ゼオスキンヘルス 3か月の経過

3か月目に入ると完成期です。この時期は約4~6週間ですが個人差があります。平均して美肌になったな~と感じる時期でプログラムの終了も近い。

 

最初の反応期のボロボロで大変だった肌を思い出すと嘘みたいですね。もっときれいになれそうだからずっと続けたい、と思うかもしれませんがこれで一応終了です。

連続でプログラムを繰り返すのは危険だからです。お肌を休ませる期間が必要です。

 

上記のように個人差はありますが早ければ約12週で美肌になれる、というスキンケアプログラムです。

高濃度ハイドロキノンの副作用が気になる

ゼオスキンヘルスケアのプログラムでは高濃度ハイドロキノンを配合したクリームを使います。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と評判でビタミンCやアルブチン以上の働きを発揮しますが副作用もあるのです。

□チェック!
主な副作用
・シミが濃くなる
・白斑が起こる
・肌が荒れる

 

シミが濃くなる原因

シミを薄くするために使ったのにシミが濃くなるとショックですね。これは副作用というより使い方を間違ったために起こります。ハイドロキノンクリームを塗ったあとに紫外線に当たってしまったのが原因。

だから夜だけ使って朝は洗顔でしっかり落とし日焼け止めは絶対に塗っておきましょう。

白斑が起こる原因

白斑も使い方を間違った場合に起こることが多いです。

4%以上配合の高濃度ハイドロキノンクリームは顔全体に塗ってはいけません。メラニンが黒色化した部分だけにピンポイントで塗りましょう。

その理由はシミがない部分に塗ると白斑という皮膚が白く抜けてしまう症状が起こることがあるからです。

肌の漂白剤と言われるハイドロキノンはメラニンを減少させる働きがあるので、問題がないところに塗ると必要以上に白くなって目立ってしまうのです。

シミの部分にも長期的に使い続けると白斑が起こる可能性があります。

このように高濃度のハイドロキノンを配合したクリームなどを使う際は注意することがたくさん。だから医師の指導が必要。でも2~3パーセントのものなら顔全体に塗れます。

 

⇒3%配合のハイドロキノンクリームが999円

 

肌あれがおこる原因

体質的にハイドロキノンが合わない場合があります。本格的に使用する前に目立たないところでパッチテストをしておきましょう。

またハイドロキノンはもともと不安定な成分で酸化しやすいと言われます。

古くなり酸化し劣化したハイドロキノンを使うことでも肌あれが起こることがあります。なるべく1か月以内に使い切るようにしましょう。

酸化しないように安定化させたハイドロキノンクリームがあります。

酸化しにくい5%ハイドロキノンクリーム
↓ ↓ ↓

ホワイトHQクリーム LANTELNO

ゼオスキンプログラムを体験するなら冬がおすすめ

ひと皮剥けるゼオスキンヘルスケアにチャレンジするならマスクで隠せる冬から春先の花粉が飛びかう時期がベストタイミング。

皮膚がボロボロ剥けたり赤みがあると恥ずかしいですが、寒い冬や花粉症が多くなる時期ならマスクやマフラーなどで隠してもおかしくないので体験しやすいでしょう。

額など顔全体が皮むけしたり赤くなるので帽子をかぶって隠せる冬はケアに最適です。

皮が剥がれ出すと布団などにボロボロとついたり部屋のあっちこっちの白くて細かい皮膚片が落ちるのでしばらくは面倒ですが、我慢しましょう。

 

古い皮膚が剥がれ落ちたらきれいな皮膚が見えてくるでしょう。

皮剥けや赤みは避けたい…という場合は反応が少ないプログラムもあるので安心ですよ。

ゼオスキンヘルスケアの価格と選べる4つのプログラム

ゼオスキンヘルスケアは4つのコースから選択できます。自分の生活に合わせて選べます。

セラピューティックプログラム

シミの治療に利用されるハイドロキノンを使用した積極的なスキンコンディショニングプログラム。トレチノインをプラスすることもあります。

全7商品の2か月分が79,800円(税込み)

・洗顔料
・化粧水
・3種類の美容クリーム
・日焼け止め

メンテナンスプログラム

高濃度レチノールを中心にケアします。

全6商品の2か月分が75,384円(税込み)

・洗顔料
・化粧水
・3種の美容クリーム
・日焼け止め

デイリープログラム

マイルドなレチノールを利用し肌ダメージを修復する力をサポート。肌トラブルの予防も同時進行できます。

全6商品の2か月分が76,356円(税込み)

・洗顔料
・化粧水
・3種の美容クリーム
・日焼け止め

ビギナープログラム(3製品:約2か月分)

お試しにピッタリのプログラムでリアクションの少ないマイルドレチノールでケアします。

全3商品の2か月分が39,528円(税込み)

ゼオスキンヘルスケアのミラミンのこと

ミラミンはハイドロキノン4%配合した美容クリームです。ゼオスキンヘルスケアのプログラムではビギナー向けとセラピューティック プログラムにセットされています。

デイリースキンプログラムとメンテナンスプログラムにでは使いません。

ハイドロキノンがクスミやシミを防ぎながら肌質や色ムラを整え透明感ある肌に導いてくれます。

1本80g入りで12,960円。

他の成分はグリコール酸、アスコルビン酸、ビタミンE、植物エキスなど。

ゼオスキンヘルスの主なラインナップ

■洗顔料
・ハイドレーティングクレンザー(普通肌・乾燥肌)
・ジェントルクレンザー(混合肌)
・エクスフォリエーティングクレンザー(脂性肌)
・エクスフォリエーティング ポリッシュ(脂性肌)

 

■化粧水(一般肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌)
・バランサートーナー(バラトーン)

 

■美容クリーム(一般肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌)
・ミラミン(ハイドロキノン4%)
・ミラミックス(ハイドロキノン4%とトレチノインと混ぜて使用)

 

■ブライトニング(一般肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌)
・シーブライト(パウダー状になったビタミンC10% )
・ブライタライブ(ノンハイドロ&ノンレチノール)

 

■アクティブビタミンAシリーズ
・ARナイトリペア(高濃度レチノール)
・スキンブライセラム0.5(カプセル化されたレチノール)
・レストラカーム(ハイドレーションクリーム)

 

■ビタミンA / エイジングケアシリーズ
・デイリーPDA(マトリキシル3000とリポソーム化したレチノール)
・Gファクターセラム

 

■スペシャルケア
・PSリファイナー(毛穴ケア)
・ハイドラファーム(目元ケア)
・ボディエマルジョン(紫外線ダメージケア)

 

■日焼け止め
・BSサンスクリーン SPF50(ブルーライト対応)
・サンスクリーン プラスプライマー SPF30

 


スポンサードリンク



 

ゼオスキンヘルスは授乳中に使えない?

ゼオスキンヘルスケアを使いたいけど妊娠していたり授乳をしてる場合はできないの?って思うでしょう。

そこで妊娠中、授乳中に使っても良いのか悪いのか調べてみました。

結論を言うと一部のもので使用できない、ということですが使っても大丈夫なものもあります。

特に使用できないのは「トレチノイン」です。

トレチノインは妊娠中だけでなく妊娠するかも、という場合も使用は避けましょう。

妊娠や出産の計画がある場合、すでに妊娠していたり授乳中の場合にも安心できる商品を使うメニューもあります。

気軽に医師に相談してみましょう。

ちなみにゼオスキンヘルスケアシステムには赤ちゃんや子供が使えるものもあります。年齢に制限があるのではなく肌の状態によって使えるもの使えないものを見極めて処方してくれます。

 

ゼオスキンヘルスケアは顔以外にも使える?

ゼオスキンヘルスで顔だけでなく首やデコルテ、手、ウデ、足、背中などのシミや悩みにも使って全身キレイになれるものでしょうか?

特に顔の次に年齢がわかる部位といえば、すぐ下にある首です。首に横ジワや縦ジワがあると顔がいくらツルツルでも老けて見られますよね。

テレビで見かける有名な女優さんでも同じ年齢なのに首にシワがあるのとないのでは印象がガラっとかわるもの。

だから首のシワも何とかしたいですね。

そこで市販のスキンケアとはけた違いの変化があると評判のオバジ ゼオスキンヘルスケアは首に使えるのか調査しました。

結論を先にいうと首はもちろん粘膜などを除き全身に使えます

顔に使って効果を実感してひと安心しててはだめです。顔はツルっとなったのに首がシワシワでは一気にイメージダウンしてせっかくの努力が無駄の泡・・・・

顔のケアが終了したら首や他のボディにも使ってみましょう。

でも顔のついでに首も、という使い方では効果が半減するそうです。

さらに顔と同時に行うことは広範囲に赤みやかゆみなどの反応がおこりストレスになります。顔と首とでは使い方も違って来るので自己流は禁物。

顔で使い方がわかった、と安心せず医師の指導の元で行いましょう。

ゼオスキンヘルスは医師の指導のもとに使えるスキンケアですがクリニックに行かなくても自宅にいながら遠隔診療でネット購入できます。

わからないこと、困ったことがあったら遠隔診療でドクターに相談することができるので安心です。

ゼオスキンヘルスケアをネットで購入するなら正規販売クリニックが安心です。

ロート製薬のオバジとゼオスキンヘルスの違い

 

オバジというとドラッグストアや薬局などの市販されてるオバジが思い浮かびます。ゼオスキンヘルスもドラッグストアや化粧品コーナーで売ってるの?ともうかもしれませんね。

でも違うものなのです。

まず表示が違います。ロート製薬のオバジは【Obagi】でゼオスキンヘルスは【OBAGI】【ZO】と表示され市販と医療向けの区別をしてます。

配合されている成分も違います。

ロート製薬のObagiシリーズにはハイドロキノンやトレチノインは入っていませんので変化は緩やかです。

【OBAGI ZOオバジゼオスキン】には高濃度ハイドロキノンやトレチノインが配合されてるものがあり、購入できる方法はオバジと提携している医療機関とクリニックのみ。

今まではネットで通販できなかったのですがスマホアプリを使って遠隔診療をした後でネット購入できるようになりました。

スマホのビデオ通話を使ってカウンセリングや診療ができるので遠方にいても購入可能。アメリカから個人輸入するよりも簡単で安心です。

 

オバジ ゼオスキンヘルスのまとめ

ゼオスキンヘルスは使い方を間違ってしまうと大変。正しい使い方をマスターすることが大切。

日本人の肌質に合わせているプログラムに設定されています。本来なら専門家の処方が必要なスキンケアシリーズがわざわざ来院しなくても専用のビデオ通話を利用して診療し通販で購入可能。

使い方などの不安や相談もインターネット上でアプリを使ったビデオ通話で気軽にできますから遠方に住んでいても大丈夫。

診療は提携している「メディカルビューテイセンター」という福井県にある美容クリニックです。

 

遠方に住んでいても相談できもできるシステムなので安心です。スマホを使ってLINEビデオ通話による通院診療やカウンセリングで購入できます。

 

遠隔診療での基本的なプログラムは下記の4つのコース。

・セラピューティックプログラム
・メンテナンスプログラム
・デイリープログラム
・ビギナープログラム

 

それぞれ2か月分の費用は約39,000円~約79,000円。市販の化粧品では味わえない本格的な変化を実感できます。

専門家のアドバイスを受けながら医療レベルのスキンケアを自宅で体験できるのがオバジのゼオスキンヘルスケアです。

タイトルとURLをコピーしました