DMAEの化粧品は危険なのか 顔つきが変わるほどって大丈夫なの?

こんにちは。

50代も終わりに近づいてきて顔のもたつきが気になる毎日。ハリアップにはdmaeという成分を配合した化粧品がいいとのことですが、顔つきがかわるほどというので危険性が気になります。

こちらではDMAEの化粧品に危険性はないか、

本当に効果はあるかについて徹底チェック。

>>>DMAE配合の化粧品の口コミと詳細を先に見る

DMAE配合の化粧品に危険性はないの?

DMAE配合の化粧品で顔つきが変わるほど小顔になったらうれしいけど、そんなに変化があるのは逆に危険ってことも考えられます。まず、どんな原料でできてるのか調べてみました。

dmaeはジメチルアミノエタノールといい筋肉の収縮を促すサポートをします。

もともとの原料は天然由来。DMAEってなんとなくDHAやEPAという青魚に含まれる成分に文字列が似てるな~と思ったのです。確認してみると案の定、これらの仲間で原料はイワシや鮭から抽出される天然成分です。

だから危険や副作用の心配は極めて少ないことがわかりました。

DMAEにはアセチルコリンに関わる働き以外に、活性酸素を抑制したり、めぐりを促す働きもあります。

紫外線や加齢に伴って起こる肌力の低下にブレーキをかけ
めぐりアップで肌が元気になりそうですね。

このように、危険というより嬉しい働きばかりなので使わないと損。

DMAEの化粧品で顔つきが変わるってほんとう?

年齢を重ねた肌がハリアップすると注目を浴びています。

表情筋が衰えると年齢サインが目立ってきます。

普通のスキンケアではブレーキをかけることは難しく、
顔筋体操などのトレーニングが必要です。

でも顔筋体操って案外めんどう。

DMAEは非常に低分子でなじみが良いという特徴もあり、
シュッとした顔に導くことが期待できます。

最近は、年齢肌化粧品に配合されることが多いです。

DNAE以外では3つの働きを認められてるナイアシンアミドも
注目のされています。

ナイアシンアミドは年齢ジワ、シミ、乾燥のケアに一つで対応する医薬部外品の成分。

>>>ナイアシンアミド配合のオールインワンジェルはこちら

DMAEでハリアップのメカニズム

イワシや鮭から抽出される天然成分でどうして上がるのか不思議ですね。

そのメカニズムを調べたのでわかりやすくまとめてみました。

このDMAEが皮膚に入るとアセチルコリンという筋肉を収縮させる神経伝達物質に変換されます。つまり顔に塗ればアセチルコリンに変換され表情筋を収縮させ、たるみや下がり肌をピーンとしてくれるんです。

アセチルコリンが皮膚の中で変換されて大丈夫?って気になったのですが、もともと人の体内に存在してる物質。

□チェック

★アセチルコリンは加齢で減少

アセチルコリンは若い時はたっぷり存在。

生れたての赤ちゃんは顔筋体操をしてないのに肌が
ピーンと張ってますよね。あれはアセチルコリンが皮膚内に豊富にあるから。

だから重力に負けてません。

でも加齢で老化していくとアセチルコリンの量は減少し
重力に負けて下に下に、と下がっていきます。

逆を言えばアセチルコリンがたくさんあればハリアップ。

そういえば私の85歳になる母は顔はもちろん体中が
いつのまにか重力に負けてます。

筋肉を使ってないからかな~と思ってましたが、
アセチルコリンが減少がしたことも関わりがあったのですね。

80代ならかなり減少してるはず。

健康食品もあるので今のうちから取り入れておけば
引き締まりに役立ちそう。

DMAEは食べ物からも摂取できます

肌美塗るだけでなく実は食事から摂取も可能。

多く含まれてるのは

・鮭
・いわし

などのお魚です。

鮭にはアスタキサンチンもふくまれてるし、いわしには
DHEやEPAという成分が豊富。

積極的に食べていきたいですね。

これらの魚が苦手…という場合は健康食品を利用しましょう。

食事やサプリメントで内側から、スキンケアで外側から
補充するとハリアップがもっと高まりますね。

DMAEは肌に浸透するの?

ハリアップは成分が肌になじむことがポイント。
分子量を調べてみましょう。

さっそく高分子のヒアルロン酸と比較してみました。

DNAEは100以下の分子量サイズなのでヒアルロン酸の
およそ1000分の1という小ささ。

100以下のサイズはなじみやすいですね。

DMAE配合の化粧品はどんなものがあるの?

配合してる化粧品は今のところは多くないですがチラホラ登場してきました。

その中で人気があるのが

・ドクターソワのモイストリフトプリュスセラム
・日本ライフ製薬のリフトセラム

どちらもdmaeを中心に厳選された成分を配合しています。

DMAEの化粧品を選ぶときのポイント

楽天市場やヤフーショッピングで見ると安いもので
2,500円前後で高いものになると10,000円以上とお値段ピンキリ。
原料のDMAE自体は高いものではなく一緒に配合されてる
成分の違いが値段に反映されてますね。
年齢肌なるといろんな悩みが出てくるものです。
ビタミンC、成長因子、ヒト幹細胞培養液、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど年齢肌に不足してる成分が一緒に入ってるものを選びましょう。
・年齢肌ケア成分が入ってる
・製薬会社が開発
・皮膚科医が監修
・酒石酸ジメチルエタノールアミン(ジメチルMEA)が入ってる
・ナノ化されてる

などの基準で選ぶと安心です。

DMAE化粧品で人気のクリーム

認知度が低いDMAEですが早いメーカーはすでに販売。

ハリアップ、トーンアップや活性酸素を抑制など
年齢肌に良くある悩みに対応。

でもどちらかというと肌への変化を実感できるものは
値段が高い、というデメリットもあります。

あまり高いか買うだと気軽に試してみることができませんよね。

日本ライフのリフトセラムとドクターソワのモイストリフトプリュスセラムを紹介。

日本ライフ製薬のリフトセラム

リフトセラムはDNAEを高配合。
アットコスメでは7点満点で5.5点という高評価。

口コミではあきらめていた目の下の小じわと口もとの
もたつきが使ってるうちに気にならなくなった、というのがありました。

リフトセラムは5つの無添加

肌が敏感でも使えるように下の5つの成分は配合していません。

・合成香料
・鉱物油
・着色料
・アルコール
・パラベン

癒されるダマスクローズの香りは天然精油によるものです。

リフトセラム全成分
水、BG、グリコール酸、ジメチルMEA、イソヘキサデカン、ポリアクリレートクロスポリマー-6、3-O-エチルアスコルビン酸、ポリアクリル酸Na、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、トリデセス-6、PEG/PPG-18/18ジメチコン、ミロタムヌスフラベリフォリアエキス、クロルフェネシン、カルノシン、ダマスクバラ花油、アラントイン、レシチン、酢酸トコフェロール、キサンタンガム、アルギニン、ヒアルロン酸Na、チオクト酸、パルミチン酸アスコルビル、トコフェロール、レチノール、パルミチン酸レチノール、アセチルヘキサペプチド-8、パルミトイルペンタペプチド-4、フェノキシエタノール

ドクターズコスメ モイストリフトプリュスセラム

ドクターソワは専門のドクターが監修に関わってるドクターズコスメです。

DMAE配合のドクターズコスメが初回30%OFF
↓ ↓ ↓


ドクターソワのモイストプリュスセラムのdmaeの表記名は【酒石酸ジメチルエタノールアミン】です。DMAEって書いてないからはいってないじゃんって思わないようにしましょうね。

ドクターソワには化粧水やローションなどいろんな種類があります。もともと浸透度が高い成分ですがどちらかというと化粧水タイプが肌に入りやすいということ。クリームタイプでもナノ化されてるなど浸透しやすいものなら大丈夫。

キメては浸透です。

もう一つのおススメは先ほど出てきた皮膚科医が監修したドクターズコスメ、ドクターソワのモイストリフトプリュスセラムです。広尾プライム皮膚科の谷院長が監修してるので本格的です。

- YouTube
Nikmati video dan musik yang Anda suka, upload konten asli, dan bagikan kepada teman, keluarga, dan dunia di YouTube.

モイストリフトプリュスセラムに配合されてるデイ―エムエーイーは高濃度でさらに250ナノメートルという低分子なのでより奥に浸透し筋肉を引締めます。

濃度が濃いのでハリを実感できるのでしょう。

やっぱりメーカーによっては濃度が薄い場合もあるでしょう。ほんのちょっとしか入ってなかったら変化がわからないかも。

その点、モイストプリュスセラムは広尾プライムでも実際に使っている原料を高濃度配合。血行促進の働きもあるので塗るだけで顔がポカポカしてくる、という口コミもあります。

もともとDMAEは低分子なので浸透しやすい、ということがニコラス・ペリコーン博士の実験でもわかっています。

一度リフトアップするとその効果は24時間続くそうなので、毎日塗れば毎日ピーンが実現しますね。

しかもマッサージ不要で塗るだけで筋肉がシュッとなりピーンとなるのですから時短にもなります。

↓↓↓モイストブリュスセラム30%OFF↓↓↓

敏感肌でトラブルが心配、というなら購入前に苦手なものが入ってないか成分チェックを忘れないことは大切です。

モイストプリュスセラム全成分
水、グリセリン、スクワラン、BG、酒石酸ジメチルエタノールアミン、カルノシン、ポリアクリルアミド、水添ポリイソブテン、
アセチルヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、チオクト酸、トコフェロール、
パルミチン酸レチノール、ナイアシンアミド、シア脂、オレンジ油、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ジメチコン、
ラウレス-7、PEG-60水添ヒマシ油、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール

DMAE化粧品は手作りできます

DMAE(ディーエムエーイー)100%のパウダーを使って自分で手作りすることもできます。

ディーエムエーイー100%の原末は10gで500円台で買えるので安くリフトアップができるでしょう。ディーエムエーイーは水溶性なので水に簡単の溶けますから精製水に混ぜるだけで化粧水ができます。

手作り化粧品の専門店【マンデイムーン】で扱っています。

⇒マンディムーンのDMAE原末をチェック

手づくりが面倒というのなら現役のドクターが監修したものや製薬会社が開発したものを選びましょう。

皮膚や専門家が関わっているものなら敏感な皮膚のこともちゃんと考えてつくってるはずです。

次は実際の効果について調べてみました。

DMAEに期待できる効果はどんなこと?

DNAEをスキンケアに取り入れることで得られる変化ってどんなことでしょうか?

調べてみるとアメリカの皮膚の専門家で大学教授のニコラス・ぺリコーン博士が実際に実験を行ってたデータを見つけました。

17人の顔半分に塗って30分後の変化を確認したところ

・トーンが明るくなった
・たるみが上がった
・全体が引き締まった
。シェープになった
・ハリが出た

という変化が見られ、それが24時間持続という実験結果でした。斑岩に試すと変化がわかりやすいですよね。

実験結果の中でトーンが明るくなった、というのがあるようにたるみ以外にもシミやくすみ予防、シワ予防にも良いようです。

その他血行促進、抗酸化作用の働きもあるので肌の老化予防にもなりますね。

面倒な表情筋トレーニングや顔ヨガをしなくても小顔になったりハリが出ることが期待できますから私のように怠けものにはとても助かる成分です。

でも使う前に気になることがあります。それが副作用や肌あれなどの危険性はないのか、ということです。肌につけたものの悪い影響があったら跡が大変です。さっそく危険性や副作用について調べてみましょう。

DMAEの危険性と副作用について

今まで見てきたようにたるみに効果的な成分であることがわかりましたが、いったい原料は何でしょうか?

危険性や副作用があるのか、ないのかについても気になるので調べてみました。

結論を先に言うと副作用や危険性の心配は気にしなくてもいいでしょう。

もともとは人の体内で生成される成分ですが、年齢が高くなると生成の量が減ってしまいます。そこでイワシなどの魚に含まれてる成分を使って開発されたのがDMAEです。簡単に言うとDHA、EPAに似たものですね。

開発されたときの目的はリフトアップのためではなくアルツハイマーなどの認知症を予防するためのケアに利用するためでした。

その後、筋肉の衰えなどにも使えるということがわかり化粧品に配合されるようになったんですね。

今でも認知症予防の健康食品として発売されています。

筋肉への働き以外に抗酸化の作用もあるので紫外線ダメージを受けた肌を修復作用も期待できます。日焼け止めを塗ってしっかりと対策することも忘れないようにしましょう。

危険ではないといっても皮膚には個人差があったり体調の変化もあります。

100%安全というものはないので、DMAE配合の化粧品を初めて使う際は常にパッチテストのことは意識しておくことをお勧めします。

さらに効果についても人それぞれ個人差があるものです。ディーエムエーイーだけに頼らす、食生活、睡眠、運動などバランスの良い生活をすることも大切です。毎日、適量を塗って継続することを心がけましょう。

DMAE化粧品でたるみがハリアップのまとめ

マッサージ不要でただ塗るだけてまぶたや目の下、口元、
マリオネットラインなどの顔のもたつきがハリアップ。

皮膚を引っ張るのではなく、表情筋に働きかける仕組み。

ここではアットコスメで評判のディーエムエーイー化粧品を紹介。
お得なキャンペーン中。

5年前や10年前の顔を鏡の中に見つけられますよ。

肌全体にも良いので使うたびに変化を実感。
今までのスキンケアでは満足できない、というならDMAE配合の化粧品が役に立てるでしょう。


スポてンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました