顔のシワ たるみ改善で見た目年齢マイナス10歳!

顔のシワやたるみを改善して10歳若返るためのスキンケアや方法を集めて紹介しています。体験談やビフォーアフターも満載!

塗るボトックス

塗るボトックス アルジルリンとシンエイク比較

投稿日:2018年3月10日 更新日:

アルジルリンとシンエイクどっちが効果的

塗るボトックスというとシワ改善に効果的とテレビの情報番組や美容研究家のIKKOさんが紹介して注目されてますね。とくにアルジルリンはとシンエイクが有名ですが、どっちがシワにより効果があるのか知っていますか?

 

結論をいうとシンエイクの方です。シンエイクのシワ改善のパワーはアルジルリンの6倍と言われてます。アルジルリンのほうが先にスペインで開発されたのですが、その後でスイスの製薬会社がシンエイクを開発しました。だいたい後でできたほうが効果が高い、というのはよくあることですよね。

 

シンエイクの面白いところは毒蛇の毒が筋肉を弛緩させる作用をもとに植物性のペプチドをミックスして似たような作用を作ったものです。

シンエイク化粧品を買ったのに成分表に書いてないから配合されてない?っておこうかもしれません。化粧品に配合されたときには成分表記がジ酢酸ジペプチドブチロイルベンジルアミドになります。

 

そんなシンエイクを配合した美容セラム「SAKプラス リンクルセラム」が半額でお試しできますよ。

 

シンエイク配合の塗るボトックスクリームはこちら
↓ ↓ ↓

話題のヘビ毒成分「シンエイク」美容液

シンエイクの効果と副作用

 

シンエイクは先に書いたようにスイスの製薬会社が開発した塗るボトックスです。開発の元になったのは毒蛇です。毒を持った蛇に噛まれると筋肉が動かなくなってしまい小動物なら蛇に食べられてしまいますね。

 

ヘビ毒には筋肉をマヒさせる作用があるので動けなくなるわけですが、表情ジワの原因の一つ表情筋のクセの緩和に活かせるのでは?とスイスの製薬会社は思いついたわけです。

 

そこで数えきれないほどあるペプチドの数種類を組み合わせ、蛇の毒の化学構造と似たものを作り上げたものがシンエイク。だから毒は入ってないので安心ですね。

 

今では美容外科でないと打つことができないボトックス注射の代わりになる成分として、シワ取りクリームなどの化粧品に配合されるようになっています。注射よりも値段が安いので長期使用に最適です。

 

シンエイクの副作用は?

 

表情ジワの緩和に最適なシンエイクですが副作用はどうでしょう?数種類のペプチドを組み合わせて作られているものなので基本的に副作用やアレルギーなどの問題はありません。

 

ペプチドを分解するとアミノ酸になるので人体に問題を引き起こす可能性は少ないです。シンエイク(ジ酢酸ジペプチドブチロイルベンジルアミド)にン含まれるアミノ酸はプロリンとアラニンです。

2つのアミノ酸をミックスした塗るボトッス「シンエイク」は深いシワの改善に効果が期待できると言われています。一方、アミノ酸の種類が多いアルジルリンの方は浅いシワに効果的ということです。このように塗るボトックスはアミノ酸の結合できています。

アミノ酸自体には副作用の心配はないですが、それでも体質には個人差がありますし、体調によって変化することもあります。初めて使う時はパッチテストをして安全を確認してから本格的に使用しましょう。

 

シンエイク配合のSAKプラス リンクルセラム

 

ジ酢酸ジペプチドブチロイルベンジルアミド(シンエイク)配合の美容液で安くお試しできるのがSAKプラス リンクルセラムです。初回が半額でお試しトライアルできるので気軽に塗るボトックスのパワーを確かめることができますよ。

 

SAKプラス リンクルセラムの全成分
水、、BG、グリセリン、ジ酢酸ジペププチドアミノプチロイルペンジルアミド、アルゲエキス、アロエベラ葉エキス、ツボクサエキス、オウゴンエキス、イタドリ根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ブルラン、カルポマー、キサンタンガム、アルギニン、PEG-60水添ヒマシ油、グレープフルーツ果皮油、オレンジ果皮油、ハッカ油、セイヨウハッカ油、エンピツビャクシン油、フェノキシエタノール

SAKプラス リンクルセラム初回半額はこちら
↓ ↓ ↓

話題のヘビ毒成分「シンエイク」美容液

 

アルジルリンの効果と副作用

アルジルリンはシンエイクト並ぶ塗るボトックスの代表的な存在です。イニーライン、SNAP-8、マイオキシノール、ロイファシル、シンエイク、ビーベノム、韓国が開発したプロジェリンなどなど、最近はその種類がさらに増えてきた塗るボトックスですがアルジルリン先駆けです。

 

美容外科で受けられるボトックス注射を禁止されているスペインで開発されました。ボツリヌス菌が持っているシワを形成する神経伝達物質の働きを低下させる作用をヒントに合成ペプチドを組み合わせて開発。

 

2種類のアミノ酸を結合させたのがシンエイクですがアルジルリンはアルギニン、メチオニン、グルタミン酸という3種類のアミノ酸を組み合わせたものです。化粧品に配合されたときはアセチルヘキサペプチド-8と表記されます。

 

アルジルリンの効果

表情じわは表情を作るときに脳からの指令で分泌される神経伝達物質カテコールアミンが過剰に分泌されることが繰り返されることで定着したものです。アルジルリンンの使用で神経伝達物質の分泌を抑制しシワを改善に導きながら、新なシワの形成をブロックしてくれます。

 

シンエイクが筋肉をマヒさせてシワを改善に導くのとは違う働きがあります。どちらもボトックス注射のような即効性はないので長期的に使い続けることが大切ですね。

 

アルジルリンの副作用

3種類のアミノ酸を組み合わせてできたアセチルヘキサペプチド-8(アルジレリン)には副作用の心配はありません。もちろんボトックス注射で起こる可能性がある無表情になったり皮膚がたるむ、という心配もありません。現在までにトラブルや副作用が起きたという情報も見つかりませんでした。

 

でも肌質には個人差があり体調によって変化することもあります。初めてアルジルリン配合の化粧品を使う時はお試しからが安心ですね。

アルジレリン化粧品のお試しトライアル

 

アルジルリン配合のエイジングラボルテのパーフェクトリンクルセラムとシンエイク配合のエステティックモイストプラス、エステティック」ローションプラスがセット価格1,000円でお試しできます。

 

ロイファシルという塗るボトックスも入っています。塗るボトックスは1種類より2種類以上が一緒に配合されると抗シワ作用が高まります。

エイジングラボルテの試しトライアルはこちら
↓ ↓ ↓

エイジングLAVOLTE(ラボルテ)

アルジルリン配合のオールインワンクリーム

シワ改善したいけど面倒なスキンケアは忙しくて続きそうにない・・・なんて場合はオールインワンで時短ケアができるものがあります。アルジレリンにEGFやビタミンC誘導体も入っている一つで乳液、美容液、保湿パック、集中ケア、クリーム、美容液の働きをする6役のオールインワンです。

 

それがプルオイ プレミアムワンです。日本製で価格は3,000円以内なので経済的にも助かるでしょう。今ならトライアル(20g入り)が800円でお試しできますよ。

プルオイ プレミアムワン お試しの詳細はこちら
↓ ↓ 

プルオイ プレミアムワンお試しトライアル

 

プルオイ プレミアムワンお試しトライアルを使った人のクチコミ

 

楽天通販でお試しトライアル800円を購入した人の総合評価は5点満点で4.10点。満足度が高いですね。

 

プレミアムワンの悪い評価

肌に合わず痒みが出ました。

 

他にもいろいろ試したいので今のところリピなしです。

以上が悪い評価ですが100件の口コミ投稿の中でたったの2件でした。

プレミアムワンの良い評価

 

アルジルリン配合の化粧品を探して見つけました。気軽に使って見たら次の日は若いころの自分の顔を思い出しました。オールインワンだしコスパが良いです。

 

洗顔の後化粧水とこれでプルプル。

 

ほんの少量でウルウル。乾燥しやすいシーズンにピッタリのオールインワンです。

 

他のメーカーのクリームが合わずガサガサしてたところが1回の使用でツルツル。

 

皮膚科で処方してもらった角質を落す薬を付けると赤く炎症、でもプルオイをつけると炎症が落ち着きます。

 

オールインワンにありがちなモロモロのようなものがでないのでファンデーションを塗るときがラク。

 

2週間ほど使ってますがファンデーションを塗った時のツヤ感が今までと違ってきました。リピします。

プルオイ プレミアムワン お試しの詳細はこちら
↓ ↓ 

プルオイ プレミアムワンお試しトライアル

 

プルオイ プレミアムワン全成分
水、BG、グリセリン、エチルヘキサノイン、ポリアクリルアミド、水添ポリイソプテン、ジメチルシリル化シリカ、ラウレス-7、加水分解コラーゲン、レシチン、ダイズ油、エタノール、リン酸Na、ヒトオリゴペプチド-1、ウンカリアトメントサエキス、マルトデキストリン、テトラヒドロキシシクロヘキサン酸アルキル(C1-8)、水溶性コラーゲン、アセチルヘキサペプチド-8、テトラヘキシルデカン酸アスコルピル、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、トコフェノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、イソブチルパラベン

-塗るボトックス

執筆者: