エイジフレックス480 塗って3分でしわがピーンは本当?口コミで確認しておこう!

顔に乾燥小じわがあるとイメージが下がるので何とかしたい。

エイジフレックス480が楽天ランキングで人気ということで
注目してみました。

本当に3分でシワがピーンとなるのか気になりますね。

しわ取りジェルによくある、白くなったりボロボロ取れる
ってことはないか気になります。

使った人の口コミからチェック。

アマゾンで見てみる
↓ ↓ ↓

⇒3分でピーン!AGE FLEX (エイジフレックス) の詳細を楽天でチェック

エイジフレックス480を使った人の口コミ

エイジフレックス480は楽天の総合評価で3.17点(5点満点)

悪い意見で欠点などがわかるのでピックアップ。

エイジフレックス480の悪い口コミから

メイクをしたらボロボロと取れました。使い方を工夫してみます。白くならないと説明してたけど白くなりました。
使い方が悪いのか乾いたら余計に悩みが目立つのでストレスが増える。
年齢線には満足したけどたるみには効かないようです。

エイジフレックス480の良い口コミはどう?

半信半疑で使いましたが本当に目立たなくなります。でも塗りかたが悪いと白くなるので注意。
リキッドファンデを塗ったあとにつけてみました。目元の周りに合った浅いものは気にならない程度になってびっくり!深いものは薄くなるくらいですが変化を感じました。目立たなくなるだけで顔の印象が良くなるので手放せません。
眉間の2本の縦線に塗ったら目立たなくなった!
3回目のリピートです。使い方になれたせいかムラになったりよれることもなく仕上がるようになりました。目元がピーンと上がりました。ファンデを塗っても白浮きせず買って良かったです。
テレビショッピングで宣伝しているものよりソフトなテクスチャーです。たるみに使ってみましたが7割はマシになったようです。ファンデを塗ってもよれないですがもっと効果を出そうと量をたくさんつけると白くなります。何もつけない時でも悩みが目立ちにくくなってきました。

以上はエイジフレックス480を使った人の口コミです。

うまく仕上がらなかった、白くなったという意見もありましたが、
良い口コミの方が多かったです。

使い方やファンデーションの種類で仕上がりに差が出ます。
正しく塗るテクニックとファンデーション選びが大事。

塗って3分は案外長く感じるものです。

特に忙しい時はもっと短時間で済ませたい。

待つ時間が短い形状記憶ジェルを紹介しましょう。

それがアバローリンクルセラム。
肌色のジェルなのでくすみカバーにも役立ちますよ。

⇒アバローリンクルセラムのキャンペーンをチェックしてみる

エイジフレックス480とはどんなクリーム?

ストレッチ成分と保湿美容成分を配合でふっくらピーン!

この手のジェルにありがちな白くなる、ということが少ない
と紹介されています。

ストレッチ成分が皮膚の細かい溝に入り薄い膜を作り
乾きながら引っ張ってピーン。

乾くにつれて溝を持ち上げ平たんに導くので目立たなくなる、という仕組み。

⇒ボディマジック AGE FLEX (エイジフレックス) No.480の詳細

使い方はとても簡単

洗顔していつものスキンケアをしたらエイジフレックス480を気になる部分に薄く塗って3分間待ちます。しっかり乾いたらファンデーションなどで整えたら出来上がり。無着色なのでどんな肌色でも自然に仕上がります。

1本でたっぷり2か月使えてお得。塗るボトックスのアルジルリンやヒアルロン酸などの保湿成分も入ってるので使い続けてシワを改善することも可能です。

上手に仕上げるコツ

ジェルを塗って3分待つ間に顔を上の方に向けて待つとさらにシワが伸びやすくなります。

目元の場合は目線を上に向けるタリ、こめかみを手で上に引っ張って待つと仕上がりが良くなるということです。

ボロボロと取れたり白く仕上がる場合はつけすぎのサイン。半プッシュでちょうどいい量なので1プッシュで目元なら両目分でしょう。

リキッドやBB、CCなどのクリームタイプやクッションファンデーションの場合はファンデーションをした後にエイジグレックス480を塗るのがポイント。

塗って3分待てないなら3秒のアバローリンクルセラム
↓ ↓ ↓

⇒アバローリンクルセラムのキャンペーンをチェックしてみる

エイジフレックスの全成分
水、グリセリン、ケイ酸Na、BG、変性コーンスターチ、ペンチレングリコール、ポリアクリル酸Na、ケイ酸(Al/Mg)、パーフルオロヘキサン、パーフルオロデカリン、パーフルオロパーヒドロフェナントレン、パーフルオロジメチルシクロヘキサン、アセチルヘキサペプチド‐8、アルギニン、アデノシン三リン酸2Na、マンニトール、ピリドキシンHCl、フェニルアラニン、チロシン、DNA‐K、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、フィトスフィンゴシン、コレステロール、ラウロイル乳酸Na、カルボマー、キサンタンガム、ヒアルロン酸Na、アウレオバシジウムプルランス培養液、ツボクサ葉エキス、ポリビニルアルコール、フェノキシエタノール


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました