詐欺!?ためしてガッテンでやってたほうれい線をテープでなくす方法がヤバイ

ほうれい線

NHKのためしてガッテンでほうれい線をなくすテープのことを紹介してた、というウワサを聞きました。

ためしてガッテンで紹介されたなら効きそう、と思いどんなテープなのか探してみたところ・・・・

見つかりません!

これはためしてガッテンで紹介されたシミが剥がれるクリームと同じ嘘の情報だということがわかりました。

NHKの番組で特定の商品を紹介することは絶対にない、とわかってたのに・・・・

もう一度、ガッテンで紹介されたほうれい線対策を調べてみて分かったのは、テープではなくリンパマッサージのことでした。

ほうれい線は他の部位のたるみとは違い表情筋を鍛えても効果が期待できないそうです。

逆に鍛えることで表情筋にクセがついてほうれい線が深くなったりシワができたり、とマイナスになることも・・・・

日ごろから、ほうれい線対策になる美容液などを使った方がいいかも。

⇒ほうれい線対策の美容液54%OFFキャンペーン中

塗る美容液もいいですが、有効成分を直接ほうれい線に注入できる刺すヒアルロン酸テープが注目されています。

せっかくの美容成分も塗るスキンケアではバリア機能や皮脂膜に邪魔されて奥に入りにくい、と言われますからね。

でも刺すヒアルロン酸テープならバリア機能や皮脂膜を突破して奥に導入できます。

刺すヒアルロン酸テープ
↓ ↓ ↓

⇒ほうれい線やゴルゴ線に刺すヒアルロン酸テープ

 

ためしてガッテンで紹介されたほうれい線対策

ガッテンでの説明ではほうれい線のシワは表情筋の縮みなのでゆるめたりリラックスさせたほうが効果的ということ。

ほうれい線をリラックスさせるってどうやるのかというとリンパマッサージなのです。この方法ではほうれい線の周辺をさわりません。

顔の皮膚をさわり過ぎるとシワやたるみの原因になるのでなるべくさわらないほうがいいそうです。特に自己流マッサージは要注意。

昔はクリームをたっぷり塗って顔を一生懸命マッサージするのが流行りましたよね。

私は面倒くさがりで何でも3日坊主だったので顔のマッサージも続きませんでした。案外良かったのかも。

若いときから一生懸命マッサージした人は今シワだらけやたるみで困ってるかな?

ガッテンで紹介されてたほうれい線対策のリンパマッサージ

ほうれい線をなくすリンパマッサージは首から下だけの耳、首筋、鎖骨、肩ををさわります。リンパの流れを良くして滅流をアップさせむくみや老廃物の排出を促しほうれい線をスッキリさせる方法。

マッサージするときに強い力は必要ありません。さするくらいで充分。

摩擦を避けるためにマッサージクリームを耳の後ろ、首筋、鎖骨、肩などに塗る。

両方の肩を3回ほどぐるぐるまわし、鎖骨部分の窪みを刺激する。

鎖骨に軽く手を当て円を描くように3回ほどさすります。

首の横に手を軽く当てて上から鎖骨に向かってゆっくり円を描くように3回おろす。

耳の後ろに手の平を軽く置き耳の前と後ろを人さし指と中指ではさむ。

人差し指と中指で上から下へと鎖骨に向かって3回さすりながらおろす。

肩に手を軽く置き鎖骨に向かってさするように3回手をおろします。

背中にある肩甲骨に反対側の手を軽く置き鎖骨に向かって3回なでるようにおろす。

反対側も同じように行います。

後頭部の生え際に手を置き3回ほど手でなでるように鎖骨に向かっておろします。

反対側も同じように行います。

以上がためしてガッテンで紹介されていたほうれい線をなくす方法です。

習慣にできるといいですね。

 

でも毎日、自分でリンパマッサージをするのって案外難しいものです。子育て中や仕事が忙しくて時間がないときはさぼりがち。

忙しい時でも簡単にできる方法を探してみました。

 

ほうれい線をヒアルロン酸注射で消す

 

ほうれい線を手っ取り早く消すならヒアルロン酸注射でしょう。

女優さんやモデルさんもないしょでやってるものです。

ヒアルロン酸は安全性の高い成分だしもし失敗しても溶かす溶剤があるので安心、と思っていたのですがヒアルロン酸を溶解させる成分はアレルギーを起こすこともあるらしいのです。

 

さらにヒアルロン酸は時間が経つの体内に吸収されるのでいずれ元の状態に戻ります。

 

そのため定期的に注入しなければいけないのですが前回注入したヒアルロン酸が少しでも残っているときれいに仕上がらないことがあるそうです。

その時は先に紹介したヒアルロン酸を溶解させる注射をしなめればいけませんから費用がかさむかもしれませんね。

⇒ヒアルロン酸注射の費用を見てみる

ヒアルロン酸注射の費用はいくら?

ヒアルロン酸注入の費用はいくらなのか調べてみました。

1回の料金は19,800円~50,000円と幅が広いですね。

ヒアルロン酸製剤の種類で価格が大きく違います。高●クリニックだともっと高いかもしれませんね。

子供にお金がかからなくなったらできるかもしれないけど、今は無理なので他の方法を探しましょう。

 

かわりに自宅できるヒアルロン酸注入にチャレンジすることに。

刺すヒアルロン酸でセルフ注入

ヒアルロン酸などのエイジング成分をパウダー状にして針の形に固めたものが700本以上並んでるシートです。

ほうれい線や気になるところに貼ると何百本というたくさんの針が同時に刺さり注射したように奥に入ります。

入った部位に存在する水分で美容成分だけでできた針は自然に溶けて液体になり吸収される仕組みです。

クリニックのヒアルロン酸注射より格段に安いので、その気になれば長く続けられます。

また寝る前に貼ってそのまま朝まで貼ったままなので面倒さが少ないのがいいですね。

⇒刺すヒアルロン酸シートをくわしく見てみる

顔の表情筋を鍛える美顔器でなくす

ほうれい線は筋肉量が減少してたるむのでスキンケアだけでなく表情筋を鍛えることも必要です。

そのために表情筋エクササイズや顔筋トレーニングがあるのですが私は面倒臭がりなのでできそうにありません。もっと簡単に筋肉を鍛えるものがあったらと思います。

 

最近テレビを見て気になったのが口にくわえるだけで口元やほうれい線のトレーニングができる美顔器です。

テレビで見たのは広末涼子さんが愛用してる鳥の翼のようなパオ(PAO)という美顔器です。マウスピースみたいなものを口にくわえてスイッチを入れれば自動的にトレーニングができます。

 

サイズが大きいし値段もちょっと高めですが、首も動かすことになるので使った人の中で頸椎を傷める事があったようです。もっとコンパクトなものをさがしてたらtbsショッピングで紹介されているフェイシャルリフトアトワンスを見つけました。

 

こちらもパオのように口にくわえてトレーニングするものです。サイズはパオよりかなりコンパクトだし首を縦に動かさなくていいので使いやすそうですね。値段もお手頃です。

フェィシャルリフトアトワンスαを実際に購入し使ってみると口まわりがすごく疲れます。

1回の使用時間は約3分なんですが、その間くわえてるのが必死で意外に大変。

ほうれい線対策に効きそうですがやってる間は他のことができないのがデメリット。

そこで、ながらケアができる美顔器はないかな?と探してみるとヤーマンから発売されたメディリフトという装着型のEMS美顔マスクがありました。

ハンズフリーのマスク型美顔器でほうれい線対策

自分でマッサージをやるのが面倒な場合はハンズフリーになる美顔器に頼っちゃいましょう。

ヤーマンのメディリフト

今ハンズフリーで話題になってる美顔器がヤーマンのメディリフトです。

楽天ですごく人気でテレビで紹介されるとすぐに在庫がなくなります。

2種類のEMSで固いところをほぐしたり、緩んでるところを効率よく鍛えて顔の下半分をトレーニングしてくれます。

何より顔に装着すると両手が自由に使えるハンズフリーなので家事をしながらほうれい線ケアができるのがいいですね。

⇒ヤーマンのメディリフトを詳しく見てみる

 

海老蔵さん愛用のled美顔マスク

ledの光で減少したコラーゲンの生成量を増やしほうれい線などのたるみをピーンとさせるled美顔マスクがあります。

LEDの光を浴びるだけなので肌への摩擦は一切ありません。ledの光は熱さや痛みがまったくないので安心。

歌舞伎役者の市川海老蔵さんも使ってます。

⇒海老蔵さん愛用のled美顔マスクの詳細を確認

ほうれい線をクリームや美容液でなくす

マッサージやヒアルロン酸注射は難しいので美容液やクリームは効果があるかな?と探すことにしました。

でもほうれい線の原因でわかったように原因は様々なので美容液や化粧品で対策できるのは乾燥や紫外線ダメージが原因のものでしょう。

SNSではトラディ―ムというほうれい線ケアができるクリームが話題になっています。

たるみをリフトアップさせるための成分が入っている美容液やクリームは意外に少ないものです。

肌がたるむ原因はコラーゲンやエラスチンというハリや弾力の元になる成分の減少です。コラーゲンなどを補充する必要がありますが、確実に欲しいところに浸透することは難しいかもしれません。

 

代わりにビタミンCのサポートでコラーゲンを増量させることもできます。ビタミンCやコラーゲン、エラスチン、セラミド、ヒアルロン酸などを配合した美容液がいいかもしれませんが確実に浸透してくれなければ意味がありません。

 

塗るクリームや美容液より確実に成分を導入できるマイクロニードルの貼るパッチなら肌の奥に必要な成分を届けてくれるでしょう。

➡ビタミンCやコラーゲンを配合してるマイクロニードルパッチはこちら

ほうれい線をなくしたいお悩み体験談


45歳になってから急にほうれい線が目立つようになりました。仕事をしながら中学3年と高校2年性の子育てもしているので毎日が目まぐるしく過ぎていきます。

 

特に朝はお弁当つくりと朝食づくりが重なって自分の顔のお手入れは二の次になっています。忙しいのが理由でスキンケアに手を抜いていたせいなのか年齢的なものがほうれい線の原因なのかもしれません。

 

ほうれい線が目立ってきたせいで、見た目も急に老けたように見えてがっくり落ち込んでしまう毎日です。年齢を考えるとこのまま何もしなかったらどんどんひどくなるかもしれませんので落ち込んでいられません。

 

さっそく自分なりに対策を練ることにしました。

私の場合は子供に教育費がかかるので、なるべくお金がかからない方法を探してみると、自分でマッサージする方法で良さそうなのを見つけました。マッサージというとただもみほぐすという事ではなくちゃんとしたやり方をしないと逆効果になるので注意しなければいけません。

 

私が注目したのは亜沙子レームスという人がやっているマッサージ法です。以前テレビの情報番組で紹介されたらしいのですが、探しても捜しても変なサイトやブログばかり出てきてちゃんとした情報がありませんでした。怪しいサイトにURLが掲載されましたが危ないのでクリックせずスルー。

 

亜沙子れーむすのマッサージ法は怪しいし自己流のマッサージでの効果も怪しいので他の方法を探すことにしました。

ほうれい線の原因を知らずに間違ったケアをしてたら

ほうれい線対策をするまえに原因を知っていますか。私は本当の原因を知らずに深いシワと思っていたので保湿ケアばっかりやってました。

最近分かったことですがほうれい線はシワではなくたるみなんです。

今のところほうれい線の外側を指で2~3センチ持ち上げると消えるレベルです。

自分のほうれい線の程度がどんなものか確認するには立っている時とあおむけに寝たときの差でわかるそうですね。

 

あおむけに寝たときにほうれい線がなくなったように見えた場合、たるみが進行したほうれい線です。

乾燥による浅いシワだとあおむけに寝ても変化は少ないでしょう。この段階なら表皮の衰えで済んでいるので対策はやりやすいそうです。

 

たるみの原因の多くは老化による皮膚の衰え、筋肉量の低下です。ほかにも紫外線ダメージ、乾燥、栄養不足、片方だけで噛む、むくみなどもあっていろいろですね。

加齢や老化はしょうがないですが筋肉量の低下や乾燥、紫外線ダメージ、栄養不足、噛み方などは予防できるでしょう。

中でも皮膚の衰えは段階があります。まずは表皮の衰えです。その次が真皮層の衰えです。真皮層に存在するハリ成分が減少することでたるみが生じてきます。

放置にしておくと皮下組織の衰えにつながって改善するには美容外科でないと無理になってくるかもしれません。できれば表皮の衰えの段階で気が付き改善していきたいですね。

 

口元の筋肉を鍛えるエクササイズや顔筋トレーニングがありますが面倒な場合は美顔器に頼るのも一つの方法ですね。

 


スポンサードリンク



 

ほうれい線を無くす化粧品が自分で作れる?

ほうれい線を無くす化粧品を自分で手作りするという話を聞きました。どんな方法で作るのでしょうか?安くできたら経済的ですよね。

果たして効果がちゃんとあるのか?ということが一番気になります。さっそくほうれい線を無くす化粧品を自分で作る方法について調べてみました。

真皮層に届く自作の美容液オイル

自作でできるほうれい線対策の化粧品は精油を利用して作る美容オイルのことです。精油はアロマオイル、エッセンシャルオイルとも言われてアロマテラピーの世界で利用されてるものです。

香りが良いだけかと思ってましたが、含まれてる成分が経皮吸収され血管に入り全身をめぐり筋肉組織や内臓にまで働きかけるパワーがあるということです。

アロマテラピーの世界では化粧品は浸透しないけど精油は肌に塗ると真皮層に浸透する、と言われてるんですね。これはアロマの世界で言われてることなので医学的な根拠はどうでしょう。

 

日本では医学的な治療法ではないですが、ドイツやフランスなどのヨーロッパでは医療保険が適用される療法として認可されています。

ドクターがアロマテラピーを治療の補助に使う場合もあるそうですよ。でも日本ではまだ認められてないので民間療法ですね。

 

だから自作でほうれい線対策用に精油を使った化粧品を使う場合は自己責任、ということになります。

 

精油を使った美容オイルの作り方

自作で真皮層にまで届く美容液を作るアイテムというのを見つけました。その作り方を提案してるのはセルフ美容家の藤田千春さんです。

DVDも出版されてますし健康雑誌にも記事を執筆されてる方です。

使用する材料は

精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)です。

・好きなオイル:15ml
・好きな精油:合計3滴

以上を混ぜるだけ。

精油で作る化粧水ありますがオイルの方が精油は混ざりやすいです。この基本の美容オイルにセラミドやビタミンC誘導体、ヒアルロン酸などを混ぜればさらに効果的でしょう。

 


スポンサードリンク



 

ほうれい線対策におススメの精油

ほうれい線はシワではなく「たるみ」なので弾力アップや肌を活性化させる働きがあるものが必要です。アロマの効能を見て自分勝手にほうれい線改善に良さそうなものを選んでみました

 

・ローズウッド・エイジング
・ローズ:スキンケア全般
・ラベンダー:スキンケア全般
・ネロリ:新陳代謝アップ、弾力、保湿
・フランキンセンス:肌活性 老化予防
・ゼラニウム:肌の若返り
・パルマローザ:ハリ、潤いアップ
・イランイラン:乾燥肌改善

以上が私が買ってに選んだほうれい線対策に良い精油です。精油にはそれぞれの香りはあって個人的に好き嫌いもあると思います。

この中から自分の好きな香りを選んで作れるのがいいですね。香りを嗅ぐだけでも心や体にもプラスになるでしょう。

 

精油を混ぜるキャリアオイルおすすめ

自家製の美容オイルを作るときに混ぜるエッセンシャルオイルのおすすめは

・ホホバオイル
・スイートアーモンドオイル
・シアバター
・マカダミアナッツオイル

 

などの天然オイルがあります。

特にマカダミアナッツオイルやホホバオイルは酸化しにくい性質がありますので多めに作って保存できます。

精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)の特徴

どうしてアロマオイルを使うのかというととても分子量が小さいので肌の奥まで入りやすい、というのが理由です。

またオイルなので皮脂膜となじみやすくはじかれることなく毛穴に入って奥まで到達するということ。

精油の成分は血管やリンパ管にも入るということが特徴。

・分子量が小さい
・皮脂膜となじむ
・毛穴に入りやすい
・血管に入りやすい
・リンパ管に入りやすい

以上が精油(アロマオイル)が持っている特徴です。

精油を肌に直接塗っても大丈夫かということですが、アロマテラピーなどではキャリアオイルに混ぜて肌に塗る療法がありますね。でもレモンやグレープフルーツなど柑橘系の精油は紫外線に反応してメラニン色素を分泌させるものは使わないでください。

また不純物や合成のものが混ざってる安いものではなく純粋な精油を選ばなければいけません。原液のまま肌に塗るのもアウト!必ずキャリアオイルや他の美容液などで薄めて使いましょう。

 

自家製の美容オイルにしても市販のクリームや美容液にしてもほうれい線を解消するには時間がかかるものです。だから即効性はあまり求めないほうがいいですね。

 

それでも今より少しはましになりたいから早く目立たなくしたい・・という願いをかなえてくれるクリームやジェルが登場しています。テレビ通販でたびたび登場し話題になってるジーニーインスタントスムーザーやハリピンカバージェルのように塗って数分でシワやたるみがピーンとなって目立たなくなるものです。

 

ジーニーやハリピンカバーは高めだから買えない・・・というならリンキーフラットというシワ消しジェルがあります。

 

1回のお試しもできるのでシワ消しの効果を実感することができます。

⇒リンキーフラットの詳細や価格をチェックしてみる