オールインワンジェルでイボケアするデメリットとメリットを分析

こちらではオールインワンジェルでイボケアするデメリットを

解説しています。

首や目の周りにできるポツポツをケアするオールインワンがあります。

オールインワンはメリットは基礎化粧品が一つになってるので

時短ケアができること。

肌に触れることが少ないので摩擦レスになるし経済的にも〇。

そこにポツポツケアがプラスされたものも登場。

購入前に知っておきたいのがデメリットや効果のあるなし。

オールインワンジェルのイボケアのデメリット

・即効性なし
・イボの種類によって効果なし

医薬品ではないものが多いので、すぐにポロリしません。

まずはあせらず継続していくことが必須。

配合されている成分の違いで、実感度も違うでしょう。

ポツポツケアによく使われる成分は
・アンズ種子エキス
・アンズ核油
・ハトムギ種子エキス

以上の3種類すべてを配合してるオールインワンジェルがおすすめ。

また同じように見えるポツポツも種類があります。

塗るケアではダメな種類には長期的に使ってもムダ。

いろんな機能を一つに凝縮してるので、美容効果が低いかも

というデメリットも想像できます。

ポツポツケアをしたいときに気になるのが効果がちゃんとあるか。

効果なしだともったいない。

購入前に口コミを徹底調査。

オールインワンジェルのポツポツケアで口コミがいいもの

いろんなメーカーから発売されてるので、どれにしようか迷います。

口コミが良いものをピックアップ。

ナノポロン

乾燥肌にオールインワンはダメ、意味ないってウワサがあるけど

ナノポロンなら気にならない。

その理由は保湿成分がたくさん入ってるから。

ヒト幹細胞培養液も入ってるので頼もしい。

ピンクのジェルには金箔入りでゴージャス。

ザラザラするところにくるくる塗っていくとポロポロが出て洗い流すとツルすべ。2~3日おきの使用がおすすめ。

ナノポロンはイボケア成分を5種類配合したピーリングジェル。

年齢を重ねてくると気になってくるザラザラポツポツ。

ただ塗るだけでなくピーリングで古い角質や汚れをかきだしてくれる。

一つ60g入りで全身に使えるのもうれしい。

いくら良くてもピーリングの働きがあるので使いすぎはNG。

わらびはだ

これ一つだから手間いらずで気になるところは重ね付け。乾燥や年齢サインのケアもできます。

わらびはだは無添加オールインワンなので子どもでも使えると評判。

沖縄の天然由来の植物エキスをたっぷり配合。

ハトムギエキス(ヨクイニンエキス)でポツポツにアプローチ。

肌の土台にアプローチするegf(ヒトオリゴペプチド-1)も配合。

>>>わらびはだとネオわらび肌の違いを確認するならこちら

オールインワンがダメな理由はこれ

オールインワン化粧品はやめたほうがいいというウワサが

気になります。

よく言われるダメな理由は「潤わない」「別々に使うほうがいい」。

でも配合されている成分や注目成分がはいってるなど

ライン使いするに引けを取らないものも増えています。

手軽で時短なのでスキンケアがめんどくさい人の味方。

オールインワンジェルだけで大丈夫か

オールインワンジェル一つよりも、化粧水と乳液をつけるほうが

良いか、朝晩両方使って大丈夫か気になることも。

メイクや外出する状況の朝とあとは寝るだけという夜では

意味が違います。

朝はメイクの邪魔をしないよう少な目に塗り日焼け止めをプラス。

夜は疲れたり乾いた肌のためにたっぷり塗って保湿。

乾燥が気になる季節は最後にクリームを重ね付け。

オールインワンじゃなく別々でもどっちでもOK。

オールインワンジェルは肌に悪いか

どんなに高級なスキンケアも合わないことがあります。

理由は配合されている成分に合う合わないがあるから。

本当に良い1本を探るべく肌へのストレスが少ない成分を

配合してるものに注目。

負担が少ないものを選べば悪く無いです。

初めて購入する際は返金保証付きやお得なキャンペーンがおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました