オデコディープパッチの使った体験談 額にある3本の溝はどうなった?

マイクロニードル

10代から気になってた額の右側にくっきり刻まれた3本の溝。

眼を見開くときに右側の眉毛を上に上げるクセでできたようです。美容液を塗っても美顔器を使ってもなかなか消えてくれないので前髪で隠してます(笑)

でも額の溝にグサリと針を注入するオデコディープパッチっていう刺す化粧品を見つけたので購入して体験してみました。

オデコディープパッチは以前、定期購入してたヒアロディープパッチの姉妹品です。

 

公式サイトでは割り引きキャンペーン中
↓ ↓ ↓
⇒オデコディープパッチ公式サイトはこちら

オデコディープパッチを額のシワに貼ってみた体験談

さっそく注文して届いたので開けてみると以前使ってたヒアロディープパッチとは違うデザインのシートパッチがでてきました。

ヒアロディープパッチと違ってオデコディープパッチはまっすぐな長方形のシートです。シートの大きさから針の配列、針の本数、値段や配合成分も違います。

なるほど!これならおでこに横にくっきり刻まれた溝にも貼りやすい。

しかも成分を見ると、これまたヒアロディ―プパッチに入ってないものが配合されています。ちゃんと額の年齢線に特化した成分を厳選してるんですね。

オデコディープパッチは北の工房という会社が開発。

資●堂やポ●ラ、コー●ーというテレビCMで見かける会社と違ってメジャーではないので、あやしいという意見もありますが、東証第一部上場企業なので問題はありません。

ヒアロディープパッチを定期購入をしてるときも問題やトラブルはありませんでしたよ。

なにより他のメーカーでは扱ってない眉間専用にプラスしておでこ専用も開発するというチャレンジ精神がある会社だと思います。

ヒアロディープパッチをおでこのしわに貼ってみたけど

正直にいうとヒアロディ―プパッチを額に貼ってみたことがあるのですが、シート自体が目元やくちもとの形に合うように作られてるのでカーブしてるんです。

だから額の直線の横ジワにピッタリとフィットしないしシートが小さいのがデメリットでした。

シート自体が小さいと範囲が広い額には1枚じゃ足りない・・・・

2枚貼るとコスパが悪くなりますよね。

でもオデコディ―プパッチはシートが大きくカーブしてないのでフィット感バツグン。

オデコディープパッチ貼ってみました

 

額に貼った瞬間、チクチクっとした刺激がします。ヒアロディープパッチを貼った時と同じで慣れてるので気にならないどころか、有効成分が奥に入ってるな、という実感になります。

初めてだとチクっとした刺激にびっくりするかもしれないけど、貼って10分くらいで溶けていくのでチクチクがずっと続くことはないです。

有効成分が溶けて吸収されるとm貼った部分だけでなく周囲にもしみわたります。パッチのサイズから外へ出てるシワにも成分が届くということ。

ヒアロディープのように夜に貼って、そのまま朝まで放置して寝てもはがれませんでした。

朝起きてシートをはがしてみると、ヒアルロン酸などの保湿成分が皮膚の細かい溝をふっくらさせるせいか、くっきりしてた横ジワがいつもより目立たない。

もちろん1回で永久に目立たなくなるわけないけど、継続すればうれしいことが起こりそう。その秘密は針に含まれている成分にあります。

公式サイトで成分をチェックしてみる
↓ ↓ ↓
⇒オデコディープパッチ公式サイトはこちら

オデコディープパッチの針に含まれる成分は?

 

 

刺すヒアルロン酸はたくさん種類がありますが、一般的なものは針の成分がヒアルロン酸のみのものが多いです。

ヒアルロン酸だけなら水分不足の感想小じわにはいいけど、額の横ジワへのふっくら感は一時的なもの。

もともと目の周辺の乾燥小じわと額の横線の原因は違う可能性が高いからです。

もちろん乾燥も原因の一つですが、ほとんどが私のように眉毛を上に上げて目を見開く、驚いた表情をつくるときに眉毛を思いっきり上に上げるという表情のクセも原因です。

クリニックでは表情のクセでできたシワ対策にヒアルロン酸やボトックスを注入します。

おでこディープパッチには塗るボトックスが入ってます。ボトックスといってもクリニックのものとは原料が違うので、たるみや無表情という問題は起こりません。

塗るボトックスとは

おでこディープパッチの針の塗るボトックスは【ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド】です。

ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミドの通称は【シンエイク】と呼ばれています。スイスの製薬会社が数種類のアミノ酸を組み合わせて開発。シンエイクの特徴はヨロイハブという蛇の毒の作用を真似て開発されたこと。

ヨロイハブの毒は獲物の筋肉を弛緩させ動けなくさせる働きがあります。それを表情ジワのクセを緩めることに応用。

ボトックス注射のボツリヌス菌ように一気に緩めるのではなく、時間をかけて徐々に緩めます。だから皮膚がたるんだり動きが悪くなって表情が硬くなるという問題も起こりにくいです。

数種類のアミノ酸が原料なので副作用なども起こりにくいですが、反応には個人差がありアミノ酸にアレルギーが起こる場合もないとは言えません。

初めて使う場合は、肌に合わなかった場合に返金してもらえるお試しコースがおすすめです。

お試しコースは定価より10%OFFになりますし、継続の約束などの縛りがないんで気楽です。

オデコディープパッチの全成分

ヒアルロン酸Na、グリセリン、プロパンジオール、キバナオランダセンニチエキス、ベルノニアアペンジクラタ葉エキス、水、ペンチレングリコール、レシチン、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、エタノール、レチノール、ポリソルベート20、合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、リン酸K、★パラベンフリー

【刺す化粧品シリーズ】額専用ケア商品『オデコディープパッチ』

オデコディープパッチを使った人の口コミが気になる

私だけの体験談では信ぴょう性がないので他に使った人の意見も探してみました。

購入に迷ったときの参考になったらうれしいですね。

 

ずっと額の横ジワが悩みで前髪を卸して隠していました。でも継続して使ううちにあまり気にならなくなってきました。

目元に貼るアイテムは他のメーカーにもあるけど額専用はこちらだけ。額の横線にはとても貼りやすいデザインなのでまわりに教えてあげるつもりです。

使い始めて3週間ですが、ファンデの仕上がりが良くなってきたように感じます。貼ることにも慣れてきたし朝まではがれにくいです。

おでこにしわがあるのとないのとでは見た目の印象が全然違うので、なるべく周りに見られないように髪の毛で隠すようにしていました。こちらを使うようになってからは目立ちにくくなってきたように感じます。

まだ発売されて間がないので口コミも少ないですが、姉妹品のヒアロディープパッチは4秒に1枚売れてるし一時は在庫が足らなくなって3か月くらい待ちの状態になったほどの人気。

だからオデコディープパッチにも期待ができますね。

これからどんどん売れると思うので口コミミ増えてくるでしょう。新しいレビューを見つけたら紹介していきます。

 


スポンサーリンク



 

オデコディープパッチの特徴まとめ

おでこディープパッチの特徴をわかりやすくまとめてみました。

・刺すヒアルロン酸パッチ
・長方形で大きめのシート
・針の配置にこだわりあり
・塗るボトックス配合
・成長因子配合
・水は一切使ってない
・6つのフリーを実現

 

刺すヒアルロン酸パッチ

オデコディープパッチはマイクロニードルの技術を応用した刺すヒアルロン酸パッチです。ヒアルロン酸を中心に有効成分を角層に一気に注入できます。

針のサイズは蚊の針くらいの極小で皮膚の中で溶ける特許技術でできています。溶ける針なので途中で折れても吸収されて何も残りません。

長方形で大きめのシート

目元に貼る刺すヒアルロン酸のようにカーブしておらず、シート自体も大きめ。範囲の広い額のシワを1枚で対応しやすいサイズ。

おまけに横に直線的に刻まれたしわに貼りやすい横長の長方形。

針の配置にこだわりあり

メモのに貼るシートと違って長めに入ってることが多い額の横線。なるべく1枚で対応するために針の配置を5つのブロックに分けています。
針が触れてない部分にも成分が拡散されて染みわたるので、より広い範囲をカバーしやすくなります。

塗るボトックス配合

スイスの製薬会社が開発した塗るボトックスで人気のシンエイクを配合。シンエイクは最初に開発されたアルジルリンの6倍高い働きがあると評判の塗るボトックス。

正式の表記名はジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミドです。

何種類かのアミノ酸をミックスさせて作ってるのでクリニックのボトックス注射とは原料が違い、後の反応も全く違うものです。

固くなった筋肉を緩める仕組みを蛇の毒から真似てます。

成長因子配合

ノーベル賞を受賞したEGFという成長因子を配合しています。正式な表記名は【合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1】。

発見された当時は1gで8000万円もした高額な成分でしたが研究が進みやすく合成して作られるようになりました。

今ではいろんなスキンケアに配合されています。肌の生まれ変わりを促すなど土台を立て直す働きがあります。

水は一切使ってない

溶けるマイクロニードル技術できた針には水分がまったく使われてません。だから有効成分が濃いのが特徴。だから使うまで新鮮。

皮膚の内部にある水分に触れることで自然に溶けて周辺に吸収されていきます。針状に固められた有効成分は厚みのある額の皮膚にもグサリと入りしっかりと働いてくれるでしょう。

6つのフリーを実現

敏感肌でも使えるように負担や刺激になる6つの成分は排除しています。

だからと言って100%安心ということはなく反応はひとそれぞれ個人差がありますし、体調や季節の変化の影響も受けるものです。

初めて使う時は30日間の全額返金保証がついてるお試しコースがあります。

 

マイクロニードルを使った刺すシートは普通のスキンケアと違って針状に固められた有効成分が角層まで届いて、そこで溶けるので塗るより働いてくれることが期待できますね。

私のように高い美容液や美顔器を使ってもダメだった・・・という場合にオデコディープパッチを使って頑固な横ジワからサヨナラしてみましょう。

オデコディープパッチの使い方

 

・クレンジングや洗顔で肌をきれいにしておく
・いつも使ってる化粧水や乳液で肌を整えておく
・ケースからパッチを取り出し額の横線の上に貼る
・シートの上からまんべんなく押さえておく
・そのまま就寝
・朝起きたらゆっくりシートをはがす

以上が基本的な使い方です。1週間に2回使います。一箱に8枚入ってるので1か月使えます。

刺すヒアルロン酸を使った人の口コミを見ると「途中でシートが剥がれる」というのを時々見ます。途中ではがれてしまったら効果が半減してもったいない。

これには原因があるので購入前に知っておきましょう。

シートが途中ではがれる原因をチェック!

せっかく貼ったのに途中ではがれてしまうことがあります。その原因はいろいろ。

・シートを貼る前にオイル分が多いスキンケアをした
・シートがしっかりと定着してない
・うつぶせ寝をした
・寝ている時に無意識にこすった

などです。

うつぶせ寝や無意識にこすってしまうのはどうしようもできないことですね。オイル分の多いスキンケアを使うのはやめることができます。

オイル分はシートの粘着力を低下させますので、使わないほうがいいです。どうしても塗りたいならシートを貼る部分を避けて塗りましょう。

またシートがしっかり入ってないというのも中止すればふせげること。刺すヒアルロン酸パッチはどうしても貼った瞬間にチクっとした刺激が伝わります。

刺激に敏感だと思い切って貼れないことがあるでしょう。

その為一度貼ったシートの上から再度、隅々まで指で押さえておくことをお勧めします。

 


スポンサーリンク



 

タイトルとURLをコピーしました