顔のシワ たるみ改善で見た目年齢マイナス10歳!

顔のシワやたるみを改善して10歳若返るためのスキンケアや方法を集めて紹介しています。体験談やビフォーアフターも満載!

マイクロニードル

刺すヒアルロン酸 ほうれい線に使えるイーチケアシート

投稿日:2018年5月19日 更新日:

ほうれい線やや小じわ対策に貼って寝るだけで
簡単にエイジングケアできる刺すヒアルロン酸が
77%OFFキャンペーン中!

公式サイトは下の画像をクリック

刺すヒアルロン酸 ほうれい線にも対応

刺すヒアルロン酸シートは貼って寝るだけのエイジングケアができるマイクロニードルパッチです。ほうれい線にも使える刺すヒアルロン酸美容で一番激安で使えるのがイーチケアシートです。

イーチケアシートは30代からの口元のたるみやほうれい線対策に東京大学と共同研究で開発した刺すヒアルロン酸シートです。

イーチケアシートは独自の特許技術でつくられた製法を採用してるのでこれまでのマイクロニードルのデメリットをクリア。

 

初回限定77%OFFの1,980円
↓ ↓ ↓

貼って寝るだけ!特許技術のマイクロニードル【each caresheet】

 

これまでのマイクロニードル技術とは

いままでによくあるマイクロニードル技術は金型に有効成分を流し込んで熱や紫外線をあててて固め、金型を外すという方法で作られてるものがほとんどでした。

熱や紫外線を当てることでせっかくの有効成分が変質したりするデメリットがあったのですが、イーチケアシートは有効成分を水溶性のポリマーに安定化させて針状に形成できるので変質がありません。

日本をはじめ世界13か国の特許を取得しています。

 

イーチケアシートの成長因子で細胞を元気に

 

イーチケアシートのニードル部分の成分はヒアルロン酸を中心に細胞を活性化させる成長因子EGFを配合。有効成分は全部で18種類も含まれています。

成長因子はEGFとFGFの2種類入ってるのが特徴です。

 

成長因子は細胞を活性化させてコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す夢のアンチエイジング成分。他にもプラセンタエキスやビタミンC誘導体(アスコルビン酸Na)などエイジング成分がたくさん入ってるからほうれい線対策になるんです。

 

ヒアルロン酸だけの刺すマイクロニードルパッチでは一時的に水分が増えてふっくらするだけなので、1週間もすれば元の状態に戻ってしまいます。

 

ほうれい線は乾燥小じわとは原因が違うので、有効成分も違います。

 

イーチケアシートにはほうれい線対策に有効な成分が含まれています。

 

イーチケアシートの全成分
ヒアルロン酸Na、グリセリン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス(ウマ由来)、アデノシン、マンニトール。トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アスコルビン酸Na、トコフェノール、レチノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ユビキノン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

初回限定77%OFFの1,980円
↓ ↓ ↓

貼って寝るだけ!特許技術のマイクロニードル【each caresheet】

 

ほうれい線ができる原因と対策

ほうれい線一度は出来てしまうとファンデーションやコンシーラーを塗ってもカバーできないし一気に老けて見えるので困る悩みです。

シワとは原因が違うので保湿だけでは改善は難しいでしょう。

ココではほうれい線の原因をよく知って予防や改善に役立てましょう。

ほうれい線ができる場所

ほうれい線は小鼻の横から口の横に沿って伸びる深い窪みです。一見、深いシワのように思うかもしれませんが、実は表情筋のたるみです。

軽い症状の時は笑った時に目立ちますが、悪化すると無表情の時もくっきり刻まれ老けて見える原因に・・・・・・

ほうれい線の原因

ほうれい線ができる原因はたくさんあります。

・乾燥
・紫外線
・食生活
・加齢
・滞り
・血行不良

肌の乾燥が長引くとターンオーバーが遅くなり、皮膚の老化が早まりほうれい線ができやすくなります。

紫外線のUV-A波は真皮層のコラーゲン繊維を破壊する光老化につながります。コラーゲンがダメージを受けると皮膚の奥にゆがみを生じ深い窪みができてしまいます。

血行やリンパの流れが滞ったりむくみが持続すると皮膚が下がりやすくたるみの原因になるので適度なマッサージで流れを浴しておきましょう。

ただし、間違ったマッサージは逆にたるみの原因になるので正しいマッサージを心がけましょう。

肌のためには特にビタミンCや良質なタンパク質を摂取することも大切です。

このようにほうれい線ができる原因というのは一つではないのでケアがとても難しい肌悩みなのです。

 


スポンサードリンク



 

ほうれい線の対策

 

基本的な対策としては

・保湿
・UVケア
・表情筋を鍛える
・流れを良くする
・バランスの良い食生活

などの他にタバコをなるべく吸わない、睡眠不足やストレスにも注意しましょう。

 

刺すヒアルロン酸シートでほうれい線対策まとめ

ほうれい線には保湿は必要ですが、それだけでは対策にはなりません。コラーゲンやエラスチンを増やしてハリをアップさせないといけないので、成長因子、ビタミンCなど生成を手助けしてくれる特別な成分が必要です。

 

資生堂やパナソニック、MTGなどの大手メーカーからも刺すヒアルロン酸シートパッチが発売されてますが、ニードルの成分はヒアルロン酸のみ。小じわやちりめんジワの改善には効果的ですがほうれい線対策にはなりません。

 

さらにヒアルロン酸を注入しても2~3日から1週間前後で皮膚に吸収されなくなってしまいもとに戻るので根本的な改善にもならないでしょう。

 

刺すヒアルロン酸シートでほうれい線対策するなら細胞を若返らせると評判の成長因子や、コラーゲン生成をサポートするビタミンCを配合したものが効果的です。

 

ほうれい線対策におすすめの刺すヒアルロン酸シート

・イーチケアシート

・ヒアロディ―プパッチ

 

があります。

これからのほうれい線対策は塗るより刺す時代ですね。

 


スポンサードリンク



 

 

 

 

-マイクロニードル

執筆者: