顔の乾燥小じわや表情ジワを薄くするクリームはありますか?

シワとたるみ

年齢を重ねると目立ってくるのが乾燥が原因の「乾燥小じわ」と表情のクセが原因の「表情ジワ」です。しわが目立つと顔の印象が怖くなってしまいますから、あまりできてほしくないものです。

シワ=老化と思い込んでいるかもしれませんが乾燥、紫外線、表情くせなどが原因のものもありますから若かくても油断禁物ですよね。

しわ取りクリームの選び方って原因によって違うので間違って選ぶと効果なしで終わる可能性が・・・こちらではしわの原因にあったシワ取りクリームの選び方を紹介しています。

シワ取りクリームってどれがいい?

最近いろんなメーカーがこぞって売り出している「シワ取りクリーム」。

本当に効果があるのか気になりますね。クリームをつけるだけで気になるしわやほうれい線が消えてくれるなら、こんなにうれしいことはありません。

でもシワの原因で効果が違うので原因別に選ぶことが大事。

シワ取りクリームといってもシワの原因によって配合されている美容成分や価格はメーカーによって異なるからです。

さっそくシワの原因別にチェックしてみました。

乾燥によるシワ

シワの原因の多くが皮膚の乾燥と言われますが、乾燥ジワには保湿作用があるシワ取りクリームがあります。

化粧水や美容液なども保湿中心のものがいいですがピンポイントでさらにシワ取りクリームで仕上げることができますね。

乾燥ジワ対策には保湿作用が期待できるセラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、サクランなどが代表的な成分です。

乾燥は冬だけではありません。夏のエアコンでの乾燥にも注意しましょう。

会社などでは仕事中、常時冷暖房が効いているので意外に肌が乾燥することがあります。肌が乾く前にこまめに水分を与えながらシワ取りクリームでケアしておきましょう。

ファンデーションも保湿作用のものを選ぶといいですね。

⇒保湿成分 肌型セラミドを配合したシワ取りクリーム

紫外線によるシワ

 

紫外線によるシワは若いひとでもできる可能性が高いです。紫外線でできたシワには肌のターンオーバーを促進させたり抗酸化作用のある成分を配合したシワ取りクリームがあります。

紫外線によって肌のターンオーバーが乱れますし細胞の劣化が起こっている可能性があるからです。

 

紫外線は皮膚の表面だけでなく真皮層にまでダメージを与え、深いシワを形成していることがあります。

真皮層の深いシワを消すことはかなり難しいことです。

真皮層にある線維芽細胞の働きを活性化させる成長因子FGFや、ハリを取り戻すためのコラーゲン、ビタミンAなどが紫外線によるシワ対策の代表的な成分です。

⇒真皮層のシワに対応するクリーム

表情くせによるシワ

毎日笑ったりしゃべったり食事を繰り返すうちにいつの間にかできてしまうのが表情ジワ。特に目元や口元にできやすいシワです。

なにげなく顔を動かすのは日常生活で避けられないことです。表情ジワには塗るボトックスなどの筋肉の緊張をほぐす成分が入ったものがあります。

目元や口回りだけでなく眉間やおでこにも表情ジワができる部位です。

特に視力が悪いと細かい字を見るとき、つい眉間にシワを寄せたり目を大きく見せようと眉を上げることを繰り返しているとシワが形成されるからです。

このように繰り返される表情のクセでできるシワには塗るボトックスが対応してくれます。

塗るボトックスにはボトックス注射と同じように表情のクセできた筋肉の緊張を和らげる働きがあるからです。

塗るボトックスとして有名なのがアルジルリン、シンエイク。

塗るボトックスとしても知られるようになりましたが、美容外科クリニックでやっているボトックス注射のボツリヌス菌が入ってるわけではありません。

ボトックス注射のように即効性があるわけではありませんので継続して使い続けることがポイントです。

アルジルリン配合オールインワン
↓ ↓ ↓
プルオイ プレミアムワン

シンエイクとアルジルリン配合トライアルセット
↓ ↓ ↓

エイジングLAVOLTE(ラボルテ)

老化によるシワ

加齢は避けられないものです。年齢が高くなると肌の中に存在していたヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンは減少していきます。

それとともに目立ってくるのがシワなんですね。実はシワの前兆がたるみです。

たるみがひどくなり定着するとシワが形成されるのでたるみのうちに対策をしておきましょう。

 

たるみの原因はコラーゲンやエラスチンの減少ですから外から補うか自分で作り出す力をアップさせることが必要です。

自分の肌で生み出す力を引き出す成分はヒト幹細胞培養エキスです。

ヒト幹細胞培養エキスには衰えた細胞を活性化させる働きがあるからです。最近はバイオの力で開発したヒト卵子幹細胞エキスが登場。

 

ヒト幹細胞よりパワーがあるということです。

⇒ヒト卵子幹細胞培養エキス配合の美容液のお試しキャンペーン

 

シワ取りクリームを購入する前に、自分の顔にできたシワの原因は何か、しっかりと確認して選ぶことが大切ですね。

シワ取りクリームだけでシワが完全になくなるということに絶対とは言えませんが、ひどくならないようにすることが期待できます。

刺すヒアルロン酸で直接成分を届ける

化粧水や美容液とは違って顔全体に塗るのではなく気になる部位にピンポイントで塗るのでシワ取りクリームのほとんどは内容量が20グラム~30グラム前後です。

お値段は安いものから高いものまでピンキリですが高いものほど効果があると勘違いしないようにしましょう。

 

しわの原因に合った成分を配合しているクリームを選ぶことが効果を出すポイントだからです。

最近はクリームで塗るだけでなく美容成分だけでできたミクロン単位の針が無数についたシートを貼って直接肌の奥にヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分を届けるという美容シート「マイクロニードルのヒアルロン酸シート」があります。

 

美容成分だけでできた針は皮膚の内部で自然に溶けて吸収されるシステムなので即効で目元や口元をふっくらさせシワを目立たなくしたいときに利用する方が増えています。