10代でも目の下にしわができるって本当?

年齢が高くなってくると気になるしわですが、中には10代でもしわを気にされている方もいらっしゃいます。
通常、お若い方だとお肌にハリがあって、弾力があるのであまり深いしわが出来にくいです。
それでも、出来てしまう場合があります。

出来てしまう原因には、「紫外線」挙げられます。
真夏の炎天下の中で皮膚をさらけ出していれば、紫外線により皮膚が乾いてしまいます。
その結果しわの原因になります
特に目の下は皮膚が薄い箇所なので、目の下のしわが出来やすくなります。
紫外線には皮膚から水分を奪う作用があります。
干した魚が水分が奪われている状態と同じようなものだと考えて頂ければいいと思います。
夏場に外に置いておくだけで、強い日差しが水分を奪うように、肌からも水分を奪ってしまいます。
予防としては、化粧水や乳液で水分を補うようにする。
水分をこまめに摂取するようにしましょう。
帽子なども使って紫外線から肌を守りましょう。

目が大きいことも、原因にあります。
顔の凹凸がはっきりしていれば、その分皮膚も引っ張られたりするので、たるみやすくなり、しわも出来やすくなります。
若くてもお顔の形状によってはしわが出来やすい出来にくいというのはあります

それ以外にも多いのが、「無理なダイエット」です。
特に10代という思春期の場合、体型を過剰に気にする傾向があります。
特に太っている訳でもないのに、健康的な標準体重よりも少ない体重になりたいと願ってしまい、過度な食事制限や、無理な運動を行って、体重を落としてしまうと、成長期ですから、成長するのにも必要なエネルギーがなくなってしまい、低身長やバストが大きくならなくなったり、女性の場合はホルモンが乱れてストレスとなり、肌荒れを起こします。
過剰に太っている場合でも、皮脂の分泌が正常に行われなくなってしまい、肌荒れの原因になりますが、しわの原因は、ほとんど無理なダイエットを行ったことが原因です。