ハトムギ化粧水とニベアでほうれい線は消えない!保湿するだけではダメな理由

ハトムギ化粧水とニベアクリームでほうれい線対策ができるというウワサ。

それが本当なら安上がりだけど・・・・・・でも深いほうれい線ははとむぎ化粧水やニベアをたっぷり塗っても無理でしょう。

ニベアには油分がとても多いので、乾燥対策にはぴったり。だから肌の乾燥による出来立てのごく浅いシワなら対応できるかもしれませんね。

本気でほうれい線対策をするなら、それなりのスキンケアを選ぶ必要があります。

ためしてガッテンでやってたというほうれい線をなくすテープっていうのもダメみたい・・・・・

一番手っ取り早いのはクリニックでヒアルロン酸を注入したり、リフトアップしてもらうこと。

でも経済的に大変だったり仕事などの忙しいと、気軽に美容クリニックにはいけません。

高級な美容液を購入しても継続するのが大変・・・・

そんな時に役立つのが自分でヒアルロン酸を注入できるマイクロニードルパッチ。

気になる目元やほうれい線に貼って寝るだけで、皮膚の凹凸にヒアルロン酸などの有効成分が吸収されふっくら。ヒアルロン酸だけでなく真皮層のコラーゲンの再生をサポートする成長因子が入ってるパッチがあります。

それが刺すヒアルロン酸『ヒアロディープパッチ』

目元やほうれい線に貼れます。

美容クリニックのヒアルロン酸注射より格安で自宅で好きな時につかえるので継続しやすい。

刺すヒアルロン酸【ヒアロディープパッチ】の詳細を見てみる
↓ ↓ ↓

口周りの年齢サインに『ヒアロディープパッチ』

ほうれい線を無くす化粧品が自分で作れる

ほうれい線を無くす化粧品を自分で手作りするという話を聞きました。安くできたら経済的ですよね。果たして効果がちゃんとあるのか?ということが一番気になります。

さっそくほうれい線を無くす化粧品を自分で作る方法について調べてみました。

 


スポンサードリンク



 

真皮層に届く自作の美容液オイル

自作でできるほうれい線対策の化粧品は精油を利用して作る美容オイルのことです。

精油はアロマオイル、エッセンシャルオイルとも言われてアロマテラピーの世界で利用されてるものです。

香りが良いだけかと思ってましたが、含まれてる成分が経皮吸収され全身をめぐり筋肉組織や内臓にまで働きかけるパワーがあるということです。

アロマテラピーの世界では化粧品は浸透しないけど精油は肌に塗ると真皮層に浸透する、と言われてるんですね。これはアロマの世界で言われてることなので医学的な根拠はどうでしょう。

 

日本では医学的な治療法ではないですが、「ドイツやフランスなどのヨーロッパでは医療保険が適用される療法として認可されています。

ドクターがアロマテラピーを治療の補助に使う場合もあるそうですよ。でも日本ではまだ認められてないので民間療法ですね。

だから自作でほうれい線対策用に精油を使った化粧品を使う場合は自己責任、ということになります。

精油を使った美容オイルの作り方

自作で真皮層にまで届く美容液を作るアイテムというのを見つけました。その作り方を提案してるのはセルフ美容家の藤田千春さんです。DVDも出版されてますし健康雑誌にも記事を執筆されてる方です。

使用する材料は

精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)です。

・好きなオイル:15ml
・好きな精油:合計3滴

以上を混ぜるだけ。

精油で作る化粧水ありますがオイルの方が精油は混ざりやすいです。この基本の美容オイルにセラミドやビタミンC誘導体、ヒアルロン酸などを混ぜればさらに効果的でしょう。

 


スポンサードリンク



 

ほうれい線対策におススメの精油

ほうれい線はシワではなく「たるみ」なので弾力アップや肌を活性化させる働きがあるものが必要です。アロマの効能を見て自分勝手にほうれい線改善に良さそうなものを選んでみました

 

・ローズウッド・エイジング
・ローズ:スキンケア全般
・ラベンダー:スキンケア全般
・ネロリ:新陳代謝アップ、弾力、保湿
・フランキンセンス:肌活性 老化予防
・ゼラニウム:肌の若返り
・パルマローザ:ハリ、潤いアップ
・イランイラン:乾燥肌改善

以上が私が買ってに選んだほうれい線対策に良い精油です。精油にはそれぞれの香りはあって個人的に好き嫌いもあると思います。

この中から自分の好きな香りを選んで作れるのがいいですね。香りを嗅ぐだけでも心や体にもプラスになるでしょう。

 

精油を混ぜるキャリアオイルおすすめ

自家製の美容オイルを作るときに混ぜるエッセンシャルオイルのおすすめは

・ホホバオイル
・スイートアーモンドオイル
・シアバター
・マカダミアナッツオイル

 

などの天然オイルがあります。

特にマカダミアナッツオイルは酸化しにくい性質がありますので多めに作って保存できます。

精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)の特徴

どうしてアロマオイルを使うのかというととても分子量が小さいので肌の奥まで入りやすい、というのが理由です。またオイルなので皮脂膜となじみやすくはじかれることなく毛穴に入って奥まで到達するということ。

精油の成分は血管やリンパ管にも入るということが特徴。

・分子量が小さい
・皮脂膜となじむ
・毛穴に入りやすい
・血管に入りやすい
・リンパ管に入りやすい

以上が精油(アロマオイル)が持っている特徴です。

精油を肌に直接塗っても大丈夫かということですが、アロマテラピーなどではキャリアオイルに混ぜて肌に塗る療法がありますね。でもレモンやグレープフルーツなど柑橘系の精油は紫外線に反応してメラニン色素を分泌させるものは使わないでください。

また不純物や合成のものが混ざってる安いものではなく純粋な精油を選ばなければいけません。原液のまま肌に塗るのもアウト!必ずキャリアオイルや他の美容液などで薄めて使いましょう。

 


スポンサードリンク



 

自家製の美容オイルにしても市販のクリームや美容液にしてもほうれい線を解消するには時間がかかるものです。だから即効性はあまり求めないほうがいいですね。

 

それでも今より少しはましになりたいから早く目立たなくしたい・・という願いをかなえてくれるクリームやジェルが登場しています。テレビ通販でたびたび登場し話題になってるジーニーインスタントスムーザーやハリピンカバージェルのように塗って数分でシワやたるみがピーンとなって目立たなくなるものです。

 

ジーニーやハリピンカバーは高めだから買えない・・・というならリンキーフラットというシワ消しジェルがあります。

 

1回のお試しもできるのでシワ消しの効果を実感することができます。

 

https://xn--f9j3a2c4bxnmmi99scj0a9d0h.xyz/2017/10/25/post-382/
タイトルとURLをコピーしました