*

紫外線がしわを作る!?紫外線の影響としわ予防のケア方法

公開日: : 最終更新日:2016/11/29 紫外線がしわを作る , , , , , ,

紫外線ケアはエイジングケアの基本

加齢と共に体に出てくる現象を少しでも軽減したり、遅くするために行うのがエイジングケアですが、そのために基本中の基本となる紫外線対策は必須です。何故かと言うと、紫外線を浴びることによるダメージは体の老化現象の原因のひとつにも挙げられるくらい強いものだからです。

 

気をつけていても、いつのまにか浴びてしまうのが紫外線ですし、その対策は季節に関わりなく1年中なので気を抜けませんね。

 

紫外線には強い酸化力が備わっている

なぜ、これほどまでに紫外線が問題視されるのでしょうか?その最大の理由としては、紫外線ダメージが蓄積されることで活性酸素が発生すると言うことが挙げられますね。活性酸素はとても強い酸化力を持っているのが特徴です。

 

しかし活性酸素は決して悪いだけのものではありません。量が適切だと、その酸化力で体に侵入してきた異物を攻撃してくれるなど、いわば免疫機能な役割を果たしてくれることがあります。ですが量が増え過ぎると人間の細胞まで酸化させてしまい、そのことがあらゆる老化現象の引き金になるとも言われています。

しわも紫外線ダメージで作られる

たとえばしわです。しわは加齢によってあらわれてくる代表的な現象だと言うことができますが、その原因のひとつには紫外線が関係していることも少なくはありません。これは紫外線を浴びることで、肌の弾力を構成しているエラスチンやコラーゲンと言った成分が硬化して、破壊されてしまうためです。

 

紫外線ダメージによってエラスチンやコラーゲンが破壊されたために肌がたるみ、その重みに耐え切れなくなった部分にしわが出てくると言うメカニズムです。

紫外線を浴びることで起こる乾燥

また紫外線を浴び過ぎると、肌が軽く火傷したような状態になり、肌の潤いが奪われてしまうこともあります。潤いが奪われてしまった肌はダメージを受けやすくなり、その結果としてしわが発生してしまうと言うのもメカニズムのひとつです。

 

つまり紫外線がしわを作ると言っても、決して過言ではないと言うことです。このような状態を防ぎ、エイジングケアを徹底するためには、まずは年間を通して紫外線対策をとることが基本中の基本であり、なおかつ最重要です。

 

そして特に夏場などにおいては、長時間、屋外で過ごした時などは、その日の内に紫外線ダメージを緩和することが必要です。最近では日焼け止めを塗ることは当たり前のことになりましたが、それだけでは不十分です。

 

紫外線対策は毎日の食事も大切

紫外線対策葉日焼け止めを塗ったり化粧水などで潤いをたっぷりと補給することは、もちろん大事なことですが外側だけでなく内側からの対策も大事なことです。

 

それは抗酸化力のある食べ物を取り入れることです。特に柑橘類などビタミンCを含んだ食べ物を摂取することが効果的です。食生活が不規則になったりバランスが悪い場合は最近話題になっている飲む日焼け止めサプリを利用することもおすすめです。

 

毎日のスキンケアで刺激は最小限に

 

また毎日のスキンケアにおいては、できるだけ皮膚に負担がかからないよう、力を入れ過ぎないようにすることも必要です。特にクレンジングや洗顔の際にゴシゴシこすることは禁物です。

 

余計な刺激が肌に加わることでもメラニンが生成され活性酸素が発生されるからです。クレンジングも肌に優しいものを選び洗顔は泡洗顔が基本です。

関連記事

記事はありませんでした

わたしのきまりの口コミ アットコスメではわからない効果を暴露!

  わたしのきまり アットコスメの口コミ

ヘルシアーナ水素 口コミ 実際に購入してわかった効果を暴露!

ヘルシアーナ水素の口コミと効果   水素が老化防

no image
銀座ステファニー化粧品 suhadabiクッションファンデーション

  ケースとリフィル2個が今なら特別価格で購入でき

no image
トリニティーライン 半額のジェルクリームプレミアム

トリニティーライン 半額 年齢肌にピンっとハリ!美容成分95%以上の

ストレピアの口コミ だまされた?と思ってお試ししてみたら

ストレピアをお試ししてみました   楽天のスキンケア

→もっと見る

    PAGE TOP ↑