*

シワやたるみを作らない洗顔方法

シワやたるみは気を付けていてもいつのまにか忍びよってくるものです。なるべく増やしたくないものですね。
日ごろからのスキンケアが大事ですが、やりすぎも良くないことが分かってきました。シワやたるみを増やす原因の代表となるものが「洗顔」や「クレンジング」です。

 

メイクや皮脂の汚れをきれいにするために一生懸命やればやるほど、シワやたるみの原因になるという悪循環。正しい洗顔やクレンジングでシワやたるみを予防していきましょう。

 

朝の正しい洗顔

朝はメイクもしてないし、汚れていないからぬるま湯やお水だけで洗顔してませんか?でもよる寝ている間にも知らず知らずのうちに汗や皮脂が分泌されてるのが朝の肌です。夜は新陳代謝も活発になるので体の中にたまっていた老廃物が毛穴から排泄されます。昼間以上に汚れているかもしれませんね。その汚れはぬるま湯、ましてや水汚れは取り切れないはず。

朝の忙しいときも、合成のものが入っていないせっけんや洗顔料でていねいに洗って汚れをクリアにしておきましょう。洗う時に気をつけることは汚れをしっかり落とそうと力を入れ過ぎたりゴシゴシこすらないことです。以前はやったスクラブ入りの洗顔料もおすすめではありません。せっけんなどをしっかり泡立てて泡で優しく洗いすすぎはぬるま湯で30回が朝の洗顔の理想です。

 

洗顔したあとはやわらかめのタオルをあてて水気を軽くとったあと、化粧水や美容液などで保湿をしたあと、オイルやクリームなどでふたをして肌の水分を蒸発させないようにしましょう。日ごろ皮脂が多めの脂性肌の方ほど保湿が大切。洗顔できれいになったお肌や毛穴には美容成分が浸透しやすくなってますが反対に水分が蒸発しやすいのです。

 

夜の正しい洗顔

夜の洗顔は」メイクの汚れも皮脂と混ざってるので、しっかり落としておきたいものですね。確実に汚れを落とそうと洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを使うことは逆効果です。特にクレンジングは肌に優しいものを選びましょう。オイル系のクレンジングは肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあるので乾燥しやすくなります。

 

クレンジングを簡単にすまそうと今はやりのふき取るだけのクレンジングも注意。クレンジングのときも洗顔の時もゴシゴシこするのはシワだけでなくシミや色素沈着のもとになりますのでタブー。夏など汗が多くなりベタベタするからと何度も洗顔するのも皮脂を取りすぎて逆に皮脂の分泌を増やす原因になります。あぶら取り紙の使い過ぎもマイナスです。

 

朝と同様、夜の洗顔後もお肌が乾かないうちにしっかりと保湿をしておきましょう。

関連記事

記事はありませんでした

no image
ストレッチイメージSDファンデーションの口コミ効果から最安値まで暴露

ストレッチイメージSDファンデーションの口コミ  

ムルムルクレンジングバターはこすらず落ちてダブル洗顔不要

ムルムルクレンジングバターはマスカラも激落ち!  

銀座ステファニー化粧品 suhadabiクッションファンデーション

  ケースとリフィル2個が今なら半額以下で購入でき

艶肌ファンデーション口コミ エバーライフ艶肌美人クッションコンパクト

  艶肌美人クッションコンパクト初回限定特別価格は

わたしのきまりの口コミ アットコスメではわからない効果を暴露!

  わたしのきまり アットコスメの口コミ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑